【MixOnline】記事一覧2

スキルアップ/キャリアアップ

世界文学の名作の主人公たちが勢揃い

世界文学の名作の主人公たちが勢揃い

New2019/11/20
世界文学は読んだほうがいいのは分かっているが、なかなか挑戦できないでいる、特に長篇には尻込みしてしまうという人に、お誂え向きの本がある。
多様な人材と組むチームは、大きな成果を生む
参天製薬 松井 暢 さん

多様な人材と組むチームは、大きな成果を生む

2019/10/31
参天製薬は、眼科領域に特化したスペシャリティ・カンパニーだ。2019年9月までMRとして大阪大学医学部附属病院を担当していた松井暢さんは、眼科領域に特化した活動について、「より深い提案ができるので、やりがいを感じています」と話す。
「生産性高い働き方はエキサイティング」
作家・朱野 帰子 氏

「生産性高い働き方はエキサイティング」

2019/10/31
自分のモットーのために職場や他人に迷惑をかける人の話ではない。朱野帰子さん著の「わたし、定時で帰ります。」は、現代人の働き方と徹底的に向き合った小説だ。
コラボレーション型MR
宮本研医師が語る

コラボレーション型MR

2019/10/31
何をもってMRの能力や功績を称えるべきか、情報の受け手によって大きく変化するのだが、医師の立場で各社を長年観察していると、良くも悪くも“退屈なMR”が増えてきたと感じる。
地域医療連携の実践者たち (コメディカルスタッフの活動から)
サードパス代表理事 大屋亜希子

地域医療連携の実践者たち (コメディカルスタッフの活動から)

2019/10/31
地域医療の中で活躍するコメディカルスタッフ(薬剤師、看護師、社会福祉士)の事例から、医療現場の変化とそれに適した企業活動のあり方を考えます。
キャズム理論の活用とMRの価値高めるマネジメント

キャズム理論の活用とMRの価値高めるマネジメント

2019/10/31
連載「MRの価値を高める」の最終となる第6回は、新薬を早く市場に普及させためにキャズム理論を活用する、およびMRの価値を高める活動を定着させるためのマネジメント方法を紹介する。
MRのための同効薬の副作用リテラシー
海外文献サービス 佐藤龍太郎

MRのための同効薬の副作用リテラシー

2019/10/31
Hi!先生からの副作用の質問に、うまく答えられてますか?
不適切なMR活動は、本当に減らせるか? 3
Oncology MR Training Project 高橋洋明

不適切なMR活動は、本当に減らせるか? 3

2019/10/31
MRと後輩MRが販売情報提供活動ガイドライン(GL)をふまえ、正しい情報入力について話し合っています。
将来に向けたスキル
海外文献サービス 佐藤龍太郎

将来に向けたスキル

2019/10/31
将来に向けてスキルを磨きたいと思っています。ただ、何が一番いいのか悩んでいます。アドバイスをお願いします。
帰ってきたランチェスター野郎!

帰ってきたランチェスター野郎!

2019/10/31
2013年10月から16年5月まで連載していた「ランチェスター戦略」ですが、ご要望にお応えして復活することになりました。ランチェスター戦略だけではなく、孫子の兵法、その他の戦略理論に実戦事例を含めて、よりわかりやすく、よりパワーアップした内容を、BARランチェスターからお届けします。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー