【MixOnline】記事一覧2

リサーチ

医師にも応援したい「推し」はいる?

医師にも応援したい「推し」はいる?

New2024/03/01
自分の気に入っている人や物を応援する活動を意味する「推し活」。皆さんには「推し」はいますか?
乾癬治療薬ソーティクツ 処方増の意向は8割強
乾癬治療薬ソーティクツ

処方増の意向は8割強

New2024/03/01
乾癬は遺伝的素因にさまざまな環境因子(不規則な生活や食事、ストレス、肥満、感染症、特殊な薬剤など)が加わると発症すると言われており、国内の患者数は約43万人と推計されている。
原発性腋窩多汗症ラピフォート ワイプ剤の特性に好感
原発性腋窩多汗症ラピフォート

ワイプ剤の特性に好感 第一選択薬の使用は5割弱に

2024/02/01
2022年5月に原発性腋窩多汗症の治療薬としてラピフォートワイプ(一般名:グリコピロニウムトシル酸塩水和物)が発売された。原発性腋窩多汗症は基礎疾患がないにもかかわらず、腋窩(腋の下)に日常生活で支障を来たすような多くの汗をかく疾患である。
医師が必要と考える災害対策とは

医師が必要と考える災害対策とは

2024/02/01
1月1日に発生した能登半島地震は、石川県輪島市や珠洲市などを中心に甚大な被害をもたらしました。MRの皆さんのなかにも、被災地支援に携わった方もいるかと思います。
合格を勝ち取るために医師たちが行った工夫とは?

合格を勝ち取るために医師たちが行った工夫とは?

2024/01/01
新しい年を迎え、今年もまた大学入試シーズンがやって来ました。目前に迫った大学入学共通テストに向け、受験生のいるご家庭では、合格祈願や体調管理などに余念のないことでしょう。
GIP/GLP-1 受容体作動薬・マンジャロ 医師の処方増意向は9割
2型糖尿病薬マンジャロ

医師の処方増意向は9割

2024/01/01
2型糖尿病の薬物療法には主に経口血糖降下薬が使用されており、ビグアナイド薬、チアゾリジン薬、スルホニル尿素(SU)薬などに加え、SGLT2阻害薬やGLP-1受容体作動薬、DPP-4阻害薬といった新たな作用機序を持つ薬剤の使用も広がり、治療効果の改善がかられるとともに治療選択肢も拡大している。
エンレストの高血圧症適応 処方増意向9割、「第一選択薬」7割に
エンレストの高血圧適応

処方増意向9割、「第一選択薬」7割に

2023/12/01
2020年8月に慢性心不全治療薬として発売されたアンジオテンシン受容体・ネプリライシン阻害薬(ARNI)のエンレスト(一般名:サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物)。
医学部受験、どうやって勉強した?

医学部受験、どうやって勉強した?

2023/12/01
最近では、難関大に合格した人などによる、勉強法に関する本が数多く出版されています。高校生でなくても、厳しい受験を勝ち抜いた人たちが、効果的な勉強をどのようにしていたのか、関心を持つ人もいるのではないでしょうか。
骨粗鬆症薬オスタバロ 処方増意向は8割、第一選択は2割
骨粗鬆症薬・オスタバロ

処方増意向は8割、第一選択は2割

2023/11/01
新たな国民病といわれる骨粗鬆症の患者数は約1300万人と推定されており、骨粗鬆症に伴い骨折が発生した場合、ADLやQOLの低下、ひいては寝たきりなど生命予後の悪化につながるとされている。
気管支喘息の新たな生物学的製剤・テゼスパイア
気管支喘息薬・テゼスパイア

医師の5割超、適応患者の第一選択と位置づけ

2023/10/01
国内における気管支喘息の推計患者数は100万人弱で、そのうちの約10%は、吸入ステロイド薬や長時間作用性のβ2刺激薬、コリン薬など標準的な治療を行ってもコントロール不良の状態に留まっている重症喘息といわれている。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー