MONTHLYミクス7月号
ミクス電子ブック
医師、薬剤師と話せる地域包括ケア
医薬ランキング2015
今日の臨床サポート
ミクス電子ブック 医薬ランキング 医薬ランキングIndex

Limit Contents

ぱっと見てわかる新薬リスト

thumbnail

Premiere New

多発性骨髄腫で新薬ラッシュ 7月承認のカイプロリス、再発・難治例の第一選択薬候補に

新薬上市が相次いでいる多発性骨髄腫治療薬市場。年内には次世代のプロテアソーム阻害薬カイプロリスも登場する見通しだ。安全性や用法・用量などの一...(→続きはこちら)

ミクスPremier Reports

thumbnail

Premiere New

【インタビュー全文】メルクセローノ・桂 癌事業本部長 MR、マネージャーの行動改革に着手

メルクセローノは、15年4月に主力品アービタックスを単独販売に切り替えて以降、事業基盤強化を進める。では、営業体制をどう変えるのか。(→続きはこちら)

MRのための医療英語3分講座

thumbnail

Premiere

第40回 これまでの復習&クイズ

今回は、これまでに学んだ内容を、クイズに答えながら復習しましょう。語彙力と読解力、どちらも鍛えられているはずです。ぜひ挑戦して下さい!(→続きはこちら)

MONTHLYミクス先読み!地域発 複眼的ゲンバ思考

thumbnail

Premiere New

ITは薬を扱うゲンバをどう変えるのか?

医療業界においてもITによるイノベーションの波は大きい。ITはゲンバの薬剤師とMRに今後どのような変化をもたらすのか。(→続きはこちら)

Promotion

thumbnail

Basic

PART1 低成長期に突入した国内市場

製薬各社の2015年度の製薬各社国内業績は、薬価改定の狭間の年にもかかわらず、奮わない。そこで編集部は、製薬各社に対し、業績や製品売上の変化...(→続きはこちら)

Promotion

thumbnail

Basic

PART2 2016年下期新薬展望 高額な革新的新薬 “最適患者”に使用する時代

15年度はC型肝炎を根治できる革新的新薬が登場し、一部のがん患者に高い有効性が期待できるがん免疫療法薬にも注目が集まった。(→続きはこちら)

キャリアショックに負けない 最強ポータブルスキル

thumbnail

Premiere

第1回 昇進・昇格にもルールがある

実績では同期のなかでも高い方なのに、昇進・昇格ではなぜか遅れている。今回はその悩みに答えます。(→続きはこちら)

製薬企業データファイル

thumbnail

Premiere

上場大手、準大手9社 15年度実績と16年度見通し一覧

上場大手、準大手9社の業績、主要製品売上、MR数などの年次推移をグラフでチェック!一言コメントも掲載、企業の現状と将来を見通せます。(→続きはこちら)

ミクス パイプラインリスト

thumbnail

Premiere

【リスト公開】16年7月版疾患別パイプラインリスト がん領域 P3以降に130品目 全体の3割占める

編集部が製薬企業63社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト16年7月改訂版 疾患別」。気になる領域の開発品をチェック!P2以降の624プ...(→続きはこちら)

製品名由来辞典

thumbnail

Premiere

製品名由来辞典 第4回 骨粗鬆症薬テリボン 一般名と骨の「bone」組み合わせ

製品名の由来をチェックする『製品名由来辞典』の第4弾。「市場拡大再算定品目、特例拡大再算定品目、効能変化再算定品目リスト」(16年度薬価制度...(→続きはこちら)

Monthlyミクス注目のコンテンツ

複眼的ゲンバ思考

切迫する在宅医療と薬の問題

薬局薬剤師にとって真価が問われる大きなミッションが2つあります。それは「かかりつけ薬剤師機能の普及」と「地域包括ケアにおける在宅医療への参画」です。 >>続きはこちら

処方を動かす見えざる力

癌領域の分子標的薬市場 「学会」「ガイドライン」の処方影響大きく、「患...

手術、放射線療法、化学療法に続く4本目の柱として、がん免疫療法オプジーボに大きな注目が集まっている。 >>続きはこちら

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

7月号特集
(Promotion)

低成長期に突入した

国内市場

  

環境変化は予想以上

事業モデルの転換急務

 

  

 

7/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/