【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

皮膚科 島根大学・千貫祐子講師が1位
”かゆみスイッチ”減らす治療など解説

皮膚科 島根大学・千貫祐子講師が1位

2019/04/30
第29回は、2018年1月~18年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった皮膚科の若手講師を紹介する。
「患者の声」が処方に影響 サインバルタが初の首位に
2018年10月度調査 開業医市場

「患者の声」が処方に影響 サインバルタが初の首位に

2019/04/30
今回は18年10月度SOCデータを用いて、開業医市場についてより詳細な分析を進めたい。比較対象の前回データは18年7月度データとなる。
整形外科の薬剤 1処方で平均2.63剤
調剤レセプトで確認!

整形外科の薬剤 1処方で平均2.63剤

2019/04/30
日本整形外科学会が「ロコモティブシンドローム」の概念を提唱するなど、高齢社会における運動器の重要性が注目されている。
一般外科・乳腺外科 大阪医療センター・増田慎三科長が1位

一般外科・乳腺外科 大阪医療センター・増田慎三科長が1位

2019/03/29
第28回は、2018年1月~18年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった一般外科・乳腺外科領域の若手講師を紹介する。
オプジーボが「講演会」「学会・論文・ガイドライン」で1位 ノーベル賞受賞を機に
2018年10月度調査 病院勤務医市場

オプジーボが「講演会」「学会・論文・ガイドライン」で1位 ノーベル賞受賞を機に

2019/03/29
今回は18年10月度SOCデータを用いて、病院勤務医市場についてより詳細な分析を進めたい。比較対象の前回データは18年7月度データとなる。
緑内障治療薬 配合剤の浸透進む

緑内障治療薬 配合剤の浸透進む

2019/03/29
国内患者数が465万人と推定される緑内障。眼圧下降が最もエビデンスのある治療法で、PG(プロスタグランジン)関連薬やβ遮断薬などが上市されている。これらの単剤で効果不十分な場合は併用療法などが選択されるが、点眼薬を続けて使用する場合に5分または10分以上の時間をあける「5分ルール」や「10分ルール」が課題となる。
外資製薬企業ファイル【2018年業績】

外資製薬企業ファイル【2018年業績】

2019/03/25
各社2018年業績がExcelファイルにてダウンロード可能です。
【19年1月リスト 短期連載7(最終回)】再生医療等製品 費用対効果の議論必至

【19年1月リスト 短期連載7(最終回)】再生医療等製品 費用対効果の議論必至

2019/03/01
人の細胞を培養するなどして使用し組織・臓器を再生させる製品や、遺伝子治療を目的とした製品の開発が目立つようになってきた。
循環器内科・循環器科/西日本 熊本大学・辻田賢一教授が1位

循環器内科・循環器科/西日本 熊本大学・辻田賢一教授が1位

2019/02/28
2017年4月~18年3月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった循環器内科または循環器科の西日本の若手講師を紹介する。
2018年10月度調査 全市場俯瞰

2018年10月度調査 全市場俯瞰

2019/02/28
前号までは2018年7月度SOC(Share of Channels)調査データを用いたが、本号からデータをアップデートし、18年10月度データを用いる。
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー