【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

泌尿器科 埼玉医科大学国際医療センター・西本紘嗣郎准教授が1位
泌尿器科

おススメ1位 埼玉医科大国際医療センター・西本准教授

2021/09/01
2020年1月~20年12月に国内でWEB開催された泌尿器科領域の講演会でおすすめ度トップ5となった若手講師を紹介する。
小児医療 乳幼児の急性疾患薬に回復の兆し
小児医療

乳幼児の急性疾患薬に回復の兆し

2021/09/01
国内での新型コロナウイルス感染拡大から約1年半が経過した。受診控えで特に小児科の患者数が減少したが、感染の「波」が繰り返される中で、小児医療で用いられる薬剤の処方がどのように変化したか気になるところ。
慶應義塾大学・小林佑介講師が1位
産婦人科・婦人科

おススメ1位 慶應義塾大・小林佑介講師

2021/08/01
2020年1月~20年12月に国内でWEB開催された講演会でおすすめ度トップ5となった産婦人科、婦人科の若手講師を紹介する。
消化器科の1位はタケキャプ、シェア29%に
PPI市場

消化器科の1位はタケキャブ、シェア29%に

2021/08/01
2015年に発売されたカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)ボノプラザン(先発品名・タケキャブ)。ピロリ菌一次除菌では酸分泌抑制の唯一の推奨薬となり(消化性潰瘍診療ガイドライン2020)、重症逆流性食道炎の初期治療にも唯一「提案」される(胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2021)など、着実に浸透している。
新規成分36品目、効能追加など51品目 CKDやADに注目新薬
【開発品リスト】21年8月版 申請品目リスト

新規成分36品目、効能追加など51品目 CKDやADに注目新薬

2021/08/01
軽度認知障害の進行や、慢性腎臓病(CKD)によって引き起こされる腎不全などの疾患は、いずれも患者QOLの低下だけでなく、家族の負担や労働生産性の維持、さらには社会的コストの増大にも影響する。
 後期開発品数 1位はAZ 2位タイにファイザーと中外製薬
【開発品リスト】21年8月版 企業別リスト

後期開発品数 1位はAZ 2位タイにファイザーと中外製薬

2021/08/01
ミクス編集部が製薬企業68社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト21年8月版 企業別」によると、21年6月末時点(申請品目は7月12日まで集計)でP2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は751品目となった。
後期開発品 がんが39%占める 免疫系、精神神経系も多く
【開発品リスト】21年8月版 疾患別リスト

後期開発品 がんが39%占める 免疫系、精神神経系も多く

2021/08/01
ミクス編集部が製薬企業68社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト21年8月版 疾患別」によると、21年6月末時点(申請品目は7月12日まで集計)でP2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は724品目となった。
抗アレルギー薬ビラノアが急伸 「患者の声」での想起医師数1位

ビラノア急伸 「患者の声」の想起医師数1位

2021/07/26
21年4月度のノンプロモーション系情報チャネルによる製品想起ランキングで、抗アレルギー薬ビラノアが一気に2位にランクインした。前回1月度調査は10位で、今回8つ順位を上げた。
膠原病科・免疫内科・リウマチ科 慶應義塾大学・花岡洋成講師が1位
膠原病科・免疫内科・リウマチ科

おススメ1位 慶應義塾大・花岡洋成講師

2021/07/01
2020年1月~20年12月に国内でWEB開催された講演会でおすすめ度トップ5となった膠原病科・免疫内科・リウマチ科の若手講師を紹介する。
子宮筋腫 20年ぶり新薬レルミナはシェア89%に
子宮筋腫

20年ぶり新薬レルミナはシェア89%

2021/07/01
女性の悩みをテクノロジーで解決する「フェムテック」、コロナ禍の経済的困窮に端を発した「生理の貧困」など、女性のQOLの向上とその解決策に関心がより集まっている。もちろん医薬品も課題解決の一翼を担っている。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー