【MixOnline】記事一覧2

経営/製品

AI時代の営業を 面白くする: Amazonのレコメンドを、 メールに応用するスキル
佐藤龍太郎氏からの提言

AI時代の営業を 面白くする: Amazonのレコメンドを、 メールに応用するスキル

2020/08/31
Hi! 一歩先を予測してますか?コロナ禍で、業種を問わず企業経営がおかしくなり、リストラ、M&A、経営破綻というホラーストーリーが現実化してきました。一刻も早く、医薬品メーカーが新型コロナの特効薬を開発してくれることを、祈るばかり。
感染症で決定樹モデルの費用効果分析を学ぶ
分析ガイドライン入門~(9)モデリング③ 決定樹モデルによる費用効果分析

感染症で決定樹モデルの費用効果分析を学ぶ

2020/08/31
決定樹モデルは見た目のわかりやすさから簡単に思われがちですが、実は実際の分析はそれほど簡単ではありません。今回は決定樹モデルを使った費用効果分析を紹介します。
環境激変で収益モデル見直しを決断
武田テバ 松森浩士CEO兼社長

環境激変で収益モデル見直しを決断

2020/08/31
武田テバはビジネスモデルの見直しを決断した。2016年に長期収載品とジェネリック医薬品で構成する“オフ・パテント・ドラッグ(Off Patent Drug:OPD)”のリーディングカンパニーを目指して設立したが、21年2月1日付けで取扱品目の9割に相当する486品目と主力の高山工場を日医工に譲渡することにした。
MSが得意先の要望に応じリモートMRにつなぐ活動展開
アルフレッサHD 荒川隆治社長

MSが得意先の要望に応じリモートMRにつなぐ活動展開

2020/08/31
アルフレッサホールディングスの荒川隆治代表取締役社長は本誌取材に応じ、商物分離をきっちりした上でMSが得意先の要望に応じてリモートMRにつなぐなどMSの付加価値を一層高める活動を進めたい考えを明らかにした。
後発品政策を支えるMSの提案力
IQVIA 平田雄一郎

後発品政策を支えるMSの提案力

2020/08/31
国は、入院・外来医療(在宅医療を含む)の全てについて、後発品の使用促進を進めてきた。後発品の数量シェア80%目標達成時期を2020年9月までに定め、診療報酬や薬価制度を通じて後発品の使用促進を進めてきた。
医薬品卸編⑥
SCL研究会 保高英児

物流機能がバリューチェーン形成のテコに

2020/08/31
医薬品卸は提携戦略でパートナー獲得を急ぐ。多角化事業の伸長は一連の薬価制度改革で一進一退となり、バリューチェーンを自力形成するには時間がない。新薬のコアはバイオから細胞薬、再生医療品へと進化し深化する。その一端はSP薬1社流通品となり、卸間の差別化要因となる。
デジタルセラピューティクス「4つのギャップ」をどう攻める
エクスメディオ 物部真一郎

デジタルセラピューティクス「4つのギャップ」をどう攻める

2020/08/31
前回はデジタルセラピューティクス(DTx)の最新状況と、DTx普及のカギを握る「4つのギャップ」についてお伝えしました。具体的には、①保険診療と自由診療のギャップ、②PMDA承認と保険適用のギャップ、③臨床家におけるギャップ、④患者におけるギャップ、の4つです。
データ活用プロジェクトを成功させるために
エムスリー 島田俊輔

データ活用プロジェクトを成功させるために

2020/08/31
本連載では、製薬マーケティングにおけるデータ活用の事例紹介を行っている。最終回の今回は、データ活用プロジェクトを成功させるための取り組みを紹介する。
顧客経験(UXとCX)の考え方
原暢久

顧客経験(UXとCX)の考え方

2020/08/31
COVID-19の流行に伴う行動制限はコミュニケーション手段のデジタルシフトを加速化した。それは表面的にはメールやWeb面談等であったが、一方ではコミュニケーション総量の減少や効果的な情報のやり取りをするため、企業サイトのテコ入れやリニューアルの際に顧客経験の検討が注目されている。
MS物流の生産性向上
IQVIA 平田雄一郎

MS物流の生産性向上

2020/07/31
医療用医薬品は生命関連商品で、患者の命を救うという観点で、他の一般消費財とは大変異なる性質を持っている。一人でもその医薬品が必要な患者がいれば、製造し、患者に届ける使命がある。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー