【MixOnline】記事一覧2

経営/製品

「私たちはどうやったら患者の役に立てるのか?」
小説・限界病院著者 久間十義さんに聞く

医療界に送るメッセージ

2019/12/28
「私たちはどうやったら病気の人々の役に立てるのか?」――。院長が手紙を通じて、若い医師に問いかける。深刻な財政危機を抱える病院の人間ドラマを描いた小説「限界病院」のなかでの1シーンだ。
医師のデジタル事情を垣間見:医師はアプリで何をしているのか
エクスメディオ 物部真一郎

医師はアプリで何をしているのか

2019/12/28
初めまして。これから12回にわたり、医師向けマーケティングのピットフォールを、主に医療者からの目線で、製薬企業の皆様方へお話させていただきます。
「未来像MAP」から読み解く 製薬産業・流通業界の明日(前編)
SCL研究会 保高英児

「未来像MAP」から読み解く製薬・流通の明日

2019/12/28
医療/医薬品産業は、変革の奔流にさらされている。その要因は人口の高齢化や労働生産人口の減少に起因する。
製薬企業にとってのAfter Digitalについて
原暢久

製薬企業にとってのAfter Digital

2019/12/28
デジタルファースト法の成立、健康保険証とマイナンバーの紐付け、電子マネーやキャッシュレスポイント還元等急速に進み、生活者としての社会環境がよりデジタルファーストな社会へと変革していく。
デジタルミーとトークンエコノミー
ハッシュピーク 前田琢磨

デジタルミーとトークンエコノミー

2019/12/28
エコノミーとデジタルミー、両方ともミーとなってしまったのは、「駄洒落」を言いたかったわけではない。五言絶句のように韻を踏みたかったためでもない。
薬価算定の有用性と費用対効果評価は似て非なるモノ 分析ガイドライン入門~(5)追加的有用性②
クレコンメディカルアセスメント 小林慎

薬価算定の有用性と費用対効果評価は似て非なるモノ 分析ガイドライン入門(5)追加的有用性②

2019/12/28
この連載のタイトルは「Value-based approachのために」ですが、補正加算はまさに薬価制度における価値評価です。一方、追加的有用性は日本版HTAにおける価値評価ですが、その評価方法は大きく異なります。
不安はご無用。MRは適正使用に 資するため、絶対不可欠!
佐藤龍太郎氏からの提言

不安はご無用

2019/12/28
Hi!2020年代が始まりました。貴社品を丸投げせずに、症例をしっかりフォローしてますか?2020年は、激変の年になりますが、超高齢化社会と財政状況を考えると、これは予測できていたこと。
MRが「自発的に行動したくなる」インセンティブはお金だけ?2
Oncology MR Training Project 高橋洋明

インセンティブはお金だけ?2

2019/12/28
MR同士で「正しいデータに基づくデータドリブンなマーケティングとMR活動」と、「そのためにMRが正しく日報入力するために必要なこと」を話しています。
社内外の事業協業で医療課題を解決
より大きな枠で新たな付加価値を社会に創出

社内外の事業協業で医療課題を解決

2019/11/30
エムスリーは9月30日、東京都内で患者支援プロジェクト「CaNoW(カナウ)」の記者会見に臨んだ。革新的新薬の開発や上市により、がん患者の5年生存率は平均62%と「がんと共存しながら生きていく」時代となった。
After DigitalにおけるOnlineとOffline、MRについて

After DigitalにおけるOnlineとOffline、MRについて

2019/11/30
先月号においてAfter DigitalとOnline to Offline(O2O)について少し触れた。通常、一般的には一般消費財のマーケティングにおいてO2OはBefore Digitalと呼ばれる環境下に属しているのに対して、After DigitalにおいてはOnline Merges with Offline(OMO)が挙げられる。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー