【MixOnline】記事一覧2

経営/製品

仕事に誇りを持ち、変化に備え、教養を身につけよ
ノバルティス ファーマ 鳥居正男会長

外資系日本法人の社長を28年歴任 8月退任へ

2021/08/01
ノバルティス ファーマの鳥居正男取締役会長が8月に退任する。鳥居氏は、1971年に日本ロシュに入社し、製薬業界でのキャリアをスタートさせた。その後、4社の外資系製薬企業の日本法人社長を通算28年務めた。
卸は川上・川下双方に「流通コスト」の理解求めよ
厚生労働省医政局経済課 林俊宏課長

卸は川上・川下双方に「流通コスト」の理解求めよ

2021/08/01
「“医薬品の価値”には流通コストが当然、含まれている。医薬品卸自らが、流通コスト実態と必要性について、最低限、取引相手である医療機関や薬局にしっかり説明してほしい」――。厚生労働省医政局経済課の林俊宏課長はこう指摘する。
データベースを 手作りして、 Web講演会に 活用するスキル
佐藤龍太郎氏からの提言

DBを手作りして、Web講演会に活用する

2021/08/01
Hi! Web講演会を、上手く活用できてますか?MR諸氏に話を聞くと、訪問自粛先の先生方とは1年近く会えていない。リモートも以前は応じてくれたけど、その後はサッパリ。メールもたまにしか返信がないので、最近はせっせと手紙をだしているとのこと。
パラメータの不確実性を総合的に評価する
クレコンメディカルアセスメント 小林慎

パラメータの不確実性を総合的に評価する

2021/08/01
モデルで使用されたパラメータに対しては一元感度分析により不確実性の影響を検証しますが、結果が逆転するパラメータがあったときの費用対効果の最終判断は困ります。そのような場合は確率的感度分析で総合的な不確実性の評価を行うことができます。
医療業界企業のDXによる構造変化
メディアコンテンツファクトリー 毛塚牧人

医療業界企業のDXによる構造変化

2021/08/01
医療業界は非常に裾野の大きな業界です。医療従事者だけで約330万人(平成30年厚生労働省調べ)、製薬会社や医療機器、医薬品卸、医療システムメーカや医療コンサルタントなど医療を支える様々な会社があります。
Data Driven Marketingにおけるデータプラットフォーム
原暢久

Data Driven Marketingにおけるデータプラットフォーム

2021/08/01
製薬会社が対象とする顧客数は一般消費財に比べ遥かに小さく訪問数も多くはない。そのためData Driven Marketingを実施する上で個客分析を行いMRをはじめ各チャネルのパフォーマンスを最大限にするには必ずしもデータが充分とは言えない。
HAEの患者支援エコシステム実現
武田薬品RDBUヘッド 濱村美砂子さん

HAEの患者支援エコシステム実現

2021/07/01
武田薬品レアディジーズビジネスユニット(RDBU)の濱村美砂子ヘッドは本誌とのインタビューに応じ、希少疾患患者の早期診断をデジタルで支援するエコシステムの実現に注力する方針を明らかにした。遺伝性血管性浮腫(HAE)は、診断率約20%、初発から診断まで平均13.8年を要すという。
患者、企業、アカデミアの「橋渡し」を実現
日本循環器協会 小室一成さん

循環器疾患オープンイノベーションをリードする感覚

2021/07/01
循環器病の診療と研究のプラットフォームの役割を担う「日本循環器協会」がこのほど発足した。がんに次いで死因別死亡率の上位を占める循環器病だが、2018年12月に国会で成立した脳卒中・循環器病対策基本法や、20年10月に作成された「循環器病対策推進基本計画」が追い風となり、健康寿命の延伸や循環器疾患の撲滅を実現する動きが活発化してきた。
9月にサンド・アスペン統合完了
サンド 岩本紳吾社長

全国4エリアに営業部門を再編

2021/07/01
サンドの岩本紳吾代表取締役社長は6月3日、本誌取材に応じ、日本事業の新体制を発表した。9月1日にサンドとアスペンジャパンの統合が完了し、アスペンジャパンはサンドファーマに社名を変更。
DXにより薬局はどう変わるか
メディアコンテンツファクトリー 毛塚牧人

DXにより薬局はどう変わるのか

2021/07/01
2018年にブルシットジョブという書籍が話題になりました。ブルシットジョブとは「あまりに意味がないためにその仕事をしている当人でさえそんな仕事は存在しないほうがマシだと、ひそかに考えてしまうような仕事」とのことです。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー