三菱ウェルファーマ 新社長に小峰氏

公開日時 2004/04/27 23:00
  • Twitter
  • 印刷

三菱ウェルファーマは4月27日、小峰健嗣専務を社長に充てる6月29日付の人
事異動を発表した。小堀暉男社長は相談役に退く。冨澤龍一三菱化学社長が会
長に就く。記者会見で小峰氏は、「我々を取り巻く環境は厳しさを増している
が、この試練を克服しないことには、目標としている国際創薬企業は夢に終わ
ってしまう。まずは、本年度から始まった新中期経営計画を成し遂げ、研究成
果が開花するまでつなげたい」と抱負を述べた。

また、「今しばらく、研究開発への先行投資が負担となるが、あらゆる知恵を
絞り、それを可能とすることが役割と認識している」とした。小峰氏は埼玉大
学理工学部卒業で、1971年、合併前の吉富製薬入社。経営企画本部長などを務
めた後、02年6月から専務、03年7月から創薬本部長。

一方、会長に就任する冨澤氏は、東京大学法学部卒業で65年三菱化成工業入社。
三菱東京製薬社長、三菱ウェルファーマ副社長などを歴任した後、02年6月か
ら三菱化学社長。小峰氏は、「三菱化学と三菱ウェルファーマにとって、双方
の戦略の整合性と意思の疎通が重要。グループとして、ヘルスケアの中核をい
かに成長させるかの正念場だ」と決意を新たにするとともに、冨澤氏の会長就
任に期待を込めた。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事の関連キーワード

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/