第一三共・15年度業績 国内医療用薬は2.9%増収 16年度は抗凝固薬リクシアナに注力

公開日時 2016/05/13 03:51
  • Twitter
  • 印刷

第一三共は5月11日、2016年3月期(15年度)決算を発表し、国内医療用医薬品売上は4947億円、前期比2.9%増だった。PPIネキシウムが売上824億円(前期比18.8%増)、経口抗凝固薬リクシアナは売上130億円と前期から3倍以上伸ばし、抗菌薬クラビットなど長期収載品の減収影響を吸収した。16年度は特にリクシアナを成長させる方針で、売上目標は250億円。

最主力品オルメテックの15年度の世界売上は2841億円(配合剤含む)だった。しかし、米国で16年に、日本で17年に特許切れする。この減収影響をどのように克服するかが同社の経営課題になっている。対策のひとつにリクシアナの全世界での成長加速があり、20年度には世界売上1200億円以上に育成する。

■リクシアナ 薬価大幅引下げで「逆に競争力ついた」

リクシアナは日本で、16年4月の薬価改定で効能変化再算定を受けて薬価が28%下がった。それでも16年度は売上げを大きく伸ばす。

この背景には、薬価改定前のリクシアナが競合品に比べて1日薬価が約3割高く、これが患者数の多い「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制」(AF)の市場での伸び悩みにつながっている側面があった。今回の薬価改定により、AFに対する標準治療では競合品との1日薬価が同じになった。同社は、「価格面の問題が解消され、逆に競争力がついた」(廣川和憲・代表取締役副社長執行役員)とみている。特にAF市場での処方増につながり、目標を十分達成できるというわけだ。廣川氏は「(16年度の)滑り出しは大変好調」(同)とも強調した。

16年度計画をみると、国内医療用薬事業は売上4960億円(0.3%増)を見込む。会社として7%台の薬価引き下げを受け、長期収載品の減収影響もあるが、リクシアナで売上250億円(92.6%増、120億円増)、アルツハイマー型認知症薬メマリーで売上510億円(20.2%増、86億円増)、経口血糖降下薬テネリアで売上280億円(69.3%増、115億円増)――などを達成し、減収影響を吸収する。

なお、ネキシウムは売上800億円(2.9%減)を計画し、これまで同社売上トップ製品だったオルメテック単剤(売上計画680億円、7.9%減)を抜き、トップ製品となる。

■16年度連結業績は減収、2ケタ減益見込む オルメテック米国特許切れ、円高影響などで

15年度の連結業績は、売上9864億円(7.3%増)、営業利益1304億円(75.2%増)、親会社に帰属する純利益は823億円(74.5%減)――だった。増収は日本と米国を中心に主力品が伸長し、円安効果(約129億円)もあったため。米国ではとくに鉄欠乏性貧血治療薬インジェクタファーが売上186億円(143.9%増)と好調だった。営業利益も売上総利益の増加や販管費減少などによる。

なお、売上と営業利益の伸び率は、前期にランバクシー社を売却したことに伴い、前期からランバクシーの売上全てを除外して算出したもの。親会社帰属の純利益では、前期にランバクシーの2700億円超の売却益を計上したため、今期は大幅減益となっている。

16年度の連結業績は減収、2ケタ減益の見込み。米国でのオルメテックの特許切れ、日本市場での薬価改定影響、円高による目減り――が主因となる。

【15年度連結業績(前年同期比)16年度予想(前年同期比)】 
売上高  9864億4600万円 (7.3%増) 9200億円(6.7%減)
営業利益  1304億1200万円 (75.2%増) 1000億円(23.3%減)
親会社帰属の純利益  822億8200万円 (74.5%減) 650億円(21.0%減)
 
 【15年度のグローバル製品全世界売上高(前年同期実績)16年度予想、億円】
オルメサルタン(国内製品名オルメテック)  2841(2935)2100
プラスグレル(同エフィエント)  322(249)非開示
エドキサバン (同リクシアナ) 150(43)363
 
【15年度の国内主要製品売上高(前年同期実績)16年度予想、億円】
ネキシウム 824(693)800
オルメテック 739(763)680
ロキソニン 481(495)370
メマリー 424(368)510
クラビット 184(278)130
レザルタス 182(184)190
オムニパーク 169(172)120
テネリア 165(76)280
アーチスト 151(181)110
イナビル 140(166)130
メバロチン 134(162)100
リクシアナ 130(36)250
プラリア 125(73)160
ランマーク 124(102)130
ユリーフ 118(115)110
エフィエント 49(7)80
第一三共エスファ品(後発品) 185(149)非開示
ワクチン事業 368(322)非開示

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/