記事一覧名

推奨記事一覧

大日本住友 AI創薬による候補化合物 国内でP1開始 探索研究は12か月未満 (20/01/31)
優れているMR〈診療科別〉 一般内科、呼吸器科、整形外科で首位交代 (20/01/31)
JT 皮膚疾患用薬タピナロフを導入、スイスのデルマバント社から 鳥居と共同開発へ (20/01/17)
アステラス 新たなT細胞医療製品創出へ Adaptimmune社と共同開発・商業化契約締結 (20/01/15)
エムスリー AI活用した都道府県別かつ日次のインフルエンザ流行情報 医師向けに提供 (20/01/10)
中外 RAF/MEK阻害薬CKI27を導出 米ベラステム社に (20/01/10)
武田薬品 インテージHCなど3社開発のAI創薬プラットフォームの共同検証プロジェクト開始 (19/12/20)
塩野義 UMNファーマへのTOB終了 19日付で連結子会社へ (19/12/16)
マルホ がん化学療法に伴う末梢神経障害薬「SP-04」の国内販売権獲得 ソレイジアから (19/12/11)
塩野義 小児のAD/HD治療薬ビバンセを発売 武田とコ・プロ (19/12/04)
塩野義 ゾフルーザの問い合わせにAI活用 チャットボット形式で回答 (19/12/03)
社内外の事業協業で医療課題を解決 (19/11/30)
塩野義製薬・手代木社長 ゾフルーザの学会提言「使用制限ではない」 真摯にデータを集めて報告する (19/10/31)
塩野義製薬 UMNファーマをTOBで完全子会社化へ ワクチン事業強化に本腰 (19/10/31)
ビジネスの源流「7P」モデルに迫る (19/10/31)
日本臨床内科医会・池松ディレクター 小児へのゾフルーザ投与 慎重論も「使用制限ではない」 (19/10/24)
塩野義・ヤンセン アルツハイマー患者の臨床検体を研究機関に広く提供へ 米研究基金と契約 (19/10/21)
塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザの予防投与を国内申請 自費で使用 (19/10/17)
田辺三菱 視神経脊髄炎関連疾患薬イネビリズマブを導入 日本などで独占開発・販売 (19/10/10)
塩野義とエムスリー 疾患課題解決する合弁会社設立 まずインフルエンザの情報提供モデル確立 (19/10/07)
12345678
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告