資料ダウンロード

資料ダウンロード

「キーワード:クローン病」
の検索結果 3個の図表が見つかりました。
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
ぱっと見新薬リスト クローン病適応の生物学的製剤2製品
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:190.82 KB ■ダウンロード回数:58回
生物学的製剤ヒュミラ クローン病で増量可能に 効果減弱患者の寛解維持に期待
ぱっと見てわかる新薬リスト
2016年6月、クローン病の適応を持つ生物学的製剤ヒュミラ(一般名:アダリムマブ)が、増量を可能とする用法・用量の追加承認を取得した。クローン病は消化管の内側に炎症が慢性的に持続する疾患だが、その治療はレミケードとヒュミラという生物学的製剤の登場で、早期の寛解導入と長期の寛解維持が可能になった。そして、その使い方も進化を遂げつつある。なお、クローン病の適応を持つ主な生物学的製剤計2製品の効能・効果...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
25年予測 消化器科疾患治療薬市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:201.56 KB ■ダウンロード回数:617回
10月25日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
消化器科疾患治療薬市場 25年に6300億円超に 胃食道逆流症治療薬を中心に拡大
ニュース
富士経済はこのほど、消化器科疾患治療薬市場が2018年以降、堅調に成長し、25年に6336億円になるとの市場予測をまとめた。患者が増加している胃食道逆流症等治療薬や、新薬や生物学的製剤が相次ぎ登場している炎症性腸疾患治療薬の成長が、消化器科疾患治療薬市場全体の成長要因と分析している。文末の「関連ファイル」に、消化器科疾患治療薬市場と、同治療薬の中の胃食道逆流症等治療薬、炎症性腸疾患治療薬の各市場の...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
27年予測 IBD治療薬市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:184.21 KB ■ダウンロード回数:937回
7月2日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
国内IBD治療薬市場 25年に1500億円台に 18年比で1.5倍 富士経済調べ
ニュース
富士経済はこのほど日本の炎症性腸疾患(IBD)治療薬市場が2025年に1500億円を超えるとの市場予測をまとめた。同市場は18年に1000億円の大台に乗っており、25年は18年比で1.5倍になる。今回の調査の最終年となる27年の市場規模は1558億円と予測している。文末の「関連ファイル」に、27年までの消化器疾患治療薬とIBD治療薬の市場規模予測の資料を掲載しました(7月2日のみ無料公開、その後は...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
広告
広告

広告

バナー

広告

【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
【MixOnline】アクセスランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告