資料ダウンロード

資料ダウンロード

「キーワード:国立がん研究センター」
の検索結果 13個の図表が見つかりました。
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2014年がん統計予測
■ファイル種別:xlsx ■ファイルサイズ:16.80 KB ■ダウンロード回数:116回
2014年新規がん罹患数88万人 男性は胃、女性は乳がんが最多 国がんが初の当年予測
ニュース
国立がん研究センターがん対策情報センターは7月10日、2014年に新たにがんと診断される罹患数と死亡数の予測を発表した。罹患数は88万2200人(男50万1800人、女38万0400人)で、2010年の全国推計値と比べると約7万7000人増えた。罹患部位は胃(13万0700人)、肺(12万9500人)、大腸(12万8500人)の順に多く、2010年と比べると肺がんと大腸がんの順位が入れ替わった。男...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2014年がん統計予測
■ファイル種別:pptx ■ファイルサイズ:105.37 KB ■ダウンロード回数:224回
2014年新規がん罹患数88万人 男性は胃、女性は乳がんが最多 国がんが初の当年予測
ニュース
国立がん研究センターがん対策情報センターは7月10日、2014年に新たにがんと診断される罹患数と死亡数の予測を発表した。罹患数は88万2200人(男50万1800人、女38万0400人)で、2010年の全国推計値と比べると約7万7000人増えた。罹患部位は胃(13万0700人)、肺(12万9500人)、大腸(12万8500人)の順に多く、2010年と比べると肺がんと大腸がんの順位が入れ替わった。男...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2014年がん統計予測
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:207.40 KB ■ダウンロード回数:144回
2014年新規がん罹患数88万人 男性は胃、女性は乳がんが最多 国がんが初の当年予測
ニュース
国立がん研究センターがん対策情報センターは7月10日、2014年に新たにがんと診断される罹患数と死亡数の予測を発表した。罹患数は88万2200人(男50万1800人、女38万0400人)で、2010年の全国推計値と比べると約7万7000人増えた。罹患部位は胃(13万0700人)、肺(12万9500人)、大腸(12万8500人)の順に多く、2010年と比べると肺がんと大腸がんの順位が入れ替わった。男...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2015年がん予測
■ファイル種別:xlsx ■ファイルサイズ:21.91 KB ■ダウンロード回数:294回
2015年新規がん罹患数98万人 前年予測から約10万人増 男性最多は前立腺がんに 国がん予測
ニュース
国立がん研究センターがん対策情報センターは4月28日、2015年に新たにがんと診断される罹患数と死亡数の予測を発表した。罹患数は、98万2100人(男56万0300人、女42万1800人)で、初めて当年予測を発表した14年予測と比べ約10万人増えた。同センターは「高齢化とがん登録の精度向上が要因と考えられる」としている。罹患数は、男性では前立腺がんが検診の普及などにより、胃がんと肺がんを抜いて最多...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2015年がん予測
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:222.94 KB ■ダウンロード回数:543回
2015年新規がん罹患数98万人 前年予測から約10万人増 男性最多は前立腺がんに 国がん予測
ニュース
国立がん研究センターがん対策情報センターは4月28日、2015年に新たにがんと診断される罹患数と死亡数の予測を発表した。罹患数は、98万2100人(男56万0300人、女42万1800人)で、初めて当年予測を発表した14年予測と比べ約10万人増えた。同センターは「高齢化とがん登録の精度向上が要因と考えられる」としている。罹患数は、男性では前立腺がんが検診の普及などにより、胃がんと肺がんを抜いて最多...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
16年のがん罹患数、死亡数予測 国がんまとめ
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:88.78 KB ■ダウンロード回数:286回
7月19日のみ無料公開、その後はプレミア会員のみダウンロードできます。
16年新規がん罹患数101万人に 前年から2万8000人増 男性は前立腺がん、女性は乳がんが最多 国がん予測
ニュース
国立がん研究センターは7月15日、2016年に新たにがんと診断される患者(以下、罹患数)が101万200人となり、初めて100万人を超えるとの予測を発表した。同センターによる15年の罹患数予測と比べて、16年は約2万8000人の増加となる。男女別の罹患数は、男性が57万6100人(前年予測比1万5800人増)、女性が43万4100人(1万2300人増)――で、男女とも1万人以上増加する。死亡者数は...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
16年のがん罹患数、死亡数予測 国がんまとめ
■ファイル種別:xlsx ■ファイルサイズ:25.10 KB ■ダウンロード回数:159回
7月19日のみ無料公開、その後はプレミア会員のみダウンロードできます。
16年新規がん罹患数101万人に 前年から2万8000人増 男性は前立腺がん、女性は乳がんが最多 国がん予測
ニュース
国立がん研究センターは7月15日、2016年に新たにがんと診断される患者(以下、罹患数)が101万200人となり、初めて100万人を超えるとの予測を発表した。同センターによる15年の罹患数予測と比べて、16年は約2万8000人の増加となる。男女別の罹患数は、男性が57万6100人(前年予測比1万5800人増)、女性が43万4100人(1万2300人増)――で、男女とも1万人以上増加する。死亡者数は...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
がん5年生存率 部位、男女、進行度別 国がんまとめ
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:434.42 KB ■ダウンロード回数:412回
7月22日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。資料内の図タイトルを「5年生存率」→「5年相対生存率」とした資料に差し替えました(22日6時45分)。
がん全部位5年生存率 男性59.1%、女性66.0% 膵臓がんは7%台と最も低く 国がんまとめ
ニュース
国立がん研究センターは7月22日、最新のがん5年相対生存率(以下、5年生存率)を公表し、全部位の5年生存率は男性59.1%、女性66.0%、男女計62.1%だった。がんの部位や進行度で5年生存率は大きく異なり、5年生存率が高い上位3部位は、男性が前立腺がん(5年生存率:97.5%)、皮膚がん(92.2%)、甲状腺がん(89.5%)――、女性が甲状腺がん(94.9%)、皮膚がん(92.5%)、乳がん...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
国内未承認の抗がん剤リスト(18年4月4日現在) 国がんまとめ
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:632.04 KB ■ダウンロード回数:651回
5月7日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
CAR-T療法の費用 米国で1か月当たり4000万超 国がん調査
ニュース
欧米では承認されているものの日本では未承認の抗がん剤で、1か月あたりの薬剤費が1000万円を超えた薬剤は、血液領域のCAR-T療法の2剤、骨軟部腫瘍(肉腫)の免疫賦活薬1剤だった。国立がん研究センターがこのほど発表した。薬剤費が最も高かったのは、CAR-T療法「KYMRIAH」(一般名:tisagenlecleucel)の4750万円。同薬剤は、ノバルティスファーマが4月23日、国内での承認申請を...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
がん3年生存率 2011年 国がん調査
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:370.55 KB ■ダウンロード回数:983回
9月12日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
国がん すい臓がんの3年生存率15.1%と公表 施設別の5年生存率も明らかに
ニュース
国立がん研究センターは9月12日、がんの診断から3年が経過した患者の生存率を初めて公表し、部位別ではすい臓がんが15.1%で最も低くなったことがわかった。最も高くなったのは前立腺がんで99%だった。がん対策情報センターの若尾文彦センター長は公表の理由について、「より早い速報値としてがん治療の様相を確認するため」と説明した。国がんの「がん情報サービスがん登録・統計」統計ページで公開されている。文末の...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
12
広告
広告

広告

バナー

広告

【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
【MixOnline】アクセスランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告