開発途上国でがん患者増加 IFPMAが治療アクセス向上を支援

公開日時 2016/02/16 03:50
  • Twitter
  • 印刷
開発途上国(中・低所得国:LMICs)におけるがんの発症例は、今後20年以内に毎年2200万例に達すると予測される中で、開発途上国のがん治療薬へのアクセスが課題として浮上してきている。現在、がんスクリーニングや検査、治療へのアクセスが限定されているLMICsでは、今後、適切な予防策がないとがんにおける死亡率は異常に高くなることが予想される。国際製薬団体連合会(IFPMA)は、そのような事態を回避するための取り組みを始めている。IFPMAとその会員は、「非感染症(NCD)の予防・管理のための行動枠組み」(FrameworkofActionforthePreventionandControlofNon-communicableDiseases)のなかで、世界保健機関(WHO)が目標として定めてい...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/