【MixOnline】記事一覧2
デジタルが患者の受療行動を変える
医療・製薬DXの最前線を行く

デジタルが患者の受療行動を変える

2022/05/01
デジタルが患者の受療行動を変える――。AI問診やオンライン診療などデジタルを活用した医療従事者と患者をつなぐデジタルソリューションが開発されている。
「患者中心の医療」を実現するDX活用例
治療継続の心的ストレスをデジタルで支援

「患者中心の医療」を実現する医療DX活用例

2022/05/01
「患者中心の医療」をDXで実現する取り組みが始まった。革新的新薬の登場により、多くの疾患で患者は治療を継続しながら日常生活を取り戻し、職場にも復帰できるようになった。
患者の生活習慣改善の“努力” 可視化・共有される時代へ
医療DXで医療に何が起こるか

患者の生活習慣改善の“努力” 可視化・共有の時代へ

2022/05/01
「患者が生活習慣の改善に一生懸命取り組んでいる姿勢をみたら、こちらもちゃんとしないといけないという気持ちになる。これは間違いない」――。
患者中心の医療 ゴールは「個別最適化医療の提供」
自治医大・苅尾七臣教授

患者中心の医療 ゴールは「個別最適化医療の提供」

2022/05/01
患者の日々の健康状態や生活習慣改善の取り組みが治療用アプリを通じて可視化されると、医療や診療にどのような変化が生じると思いますか。
初の高血圧症治療用アプリ 22年中に実用化へ
CureApp CEO兼医師 佐竹晃太氏

初の高血圧症治療用アプリ 22年中に実用化へ

2022/05/01
「生活習慣病の根っこの生活習慣にしっかり向き合える治療を提供したい。当社の治療用アプリが大きな支援になると思う」――。医療系スタートアップ・CureAppの社長で呼吸器内科医でもある佐竹晃太氏は、こう話す。
予約、問診、診療、決済などワンストップ化
フードデリバリーのDXから医療DXへ

予約、問診、診療、決済などワンストップ化

2022/05/01
「フードデリバリーのDXから医療DXへ」――。出前館元会長の中村利江氏が代表取締役社長を務めるエムスリーソリューションズが4月1日に始動した。
デジタルレイバー導入で業務効率化と質向上を両立
医療DXを加速させるRPA

デジタルレイバー導入で業務効率化と質向上を両立

2022/05/01
少子高齢化と人口減少により労働力不足が顕在化しつつある。中でも労働集約型の医療業界の人手不足は深刻であり、医療の安全性が危ぶまれている。
「長生きしたらいいことがあるねん」と伝えたい
万博・大阪パビリオン ディレクター医師が語る未来像

「長生きしたらいいことがあるねん」と伝えたい

2022/05/01
「長生きしたらいいことがあるねん」――。関西弁でこう語るのは、森ノ宮医療大学大学院の冨田哲也教授だ。
身体拘束しない認知症ケアで家族・地域の心を掴み
大誠会内田病院

身体拘束しない認知症ケアで家族・地域の心を掴み

2022/05/01
高齢者医療・介護のニーズの増加を受けて開設した群馬県沼田市の医療法人大誠会内田病院は、地域に不足するサービスを整備するため、次々と介護・福祉施設を立ち上げ、医療・介護・福祉の一大グループを築きあげた。
「患者中心の医療実現」で製薬企業の貢献を考える
22年度診療報酬改定

「患者中心の医療実現」で製薬企業の貢献を考える

2022/04/01
「デジタルを使ってこれからの医療を進めるときには、個人に合わせることが大事だ。まさにプログラム医療機器はその個人に最善の診断や治療を提供するものだ」――。塩崎恭久元厚労相(前衆院議員)は2月4日に開かれたSaMDフォーラム2022でこう話した。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー