キョーリン 荻原社長が退任、健康上の理由で

公開日時 2008/04/27 23:00
  • Twitter
  • 印刷

キョーリンは4月25日、同社および子会社である杏林製薬の荻原郁夫社長が辞
任し、同日付で新社長に杏林製薬の古城格副社長が就任したと発表した。同日
の取締役会で決定した。同社では社長退任の理由を「健康上の理由」と説明し
ている。

古城氏は社長就任にあたり、「突然のことだが、今後の経営方針については全
く変更はない。ただ、医薬品業界は世界の状況も変動しているので、適切な状
況と適切なタイミングで再点検し、変更すべき点があれば、取締役及び関係者
とよく検討し、原点に立ち返って必要な方策を立ていきたい」と抱負を語った。

荻原前社長からは数週間前に辞任の申し出があったという。同氏は今後療養に
専念するとしている。

新社長に就任する古城氏は65歳。1967年に熊本大学薬学部修士課程修了し、同
年、杏林製薬に入社。2001年に同社の常務取締役生産本部長、06年にキョーリ
ンの取締役を経て、同年、杏林製薬取締役専務執行役員を歴任。07年から同社
取締役副社長執行役員を務めていた。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事の関連キーワード

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/