米FDA 花粉症治療薬Oralairを承認

公開日時 2014/04/09 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は4月2日、一定のイネ科植物の花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎(花粉症;結膜炎の発症の有無を問わない)治療薬Oralairを承認した。Oralairの適応は、10歳から65歳のアレルギー性鼻炎(花粉症)。米国で初の抗原抽出物の免疫療法の舌下錠で1日1回投与錠。患者は、最初の投与を医療機関で服用、服用後少なくとも30分、副作用発現の観察が求められる。投与開始時期は、花粉症の始まる4か月前で、花粉症の時期は投与を続行する。同剤は、ケンタッキーブルーグラス、カモガヤ、ペレニアルライ、ハルガヤおよびオオアワガエリの5種類のイネ科植物の花粉の凍結乾燥した抽出物を含有している。このため、同剤は、5種類の植物の花粉に対して特異的なIgE抗体を持っていることを皮膚パッチ試験...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/