EFPIA Japan新会長にバイエル薬品社長のカーステン・ブルン氏 10日就任

公開日時 2014/10/10 03:50
  • Twitter
  • 印刷

EFPIA(欧州製薬団体連合会)Japanはこのほど、新しい会長にバイエル薬品社長のカーステン・ブルン氏を選出し、10日付で就任すると発表した。現会長でサノフィ前社長のジェズ・モールディング氏が異動したことに伴うもの。

 
プルン氏は1970年、ドイツ生まれで、欧州の大手製薬会社の要職を経て、11年にバイエルヘルスケアに入社、13年にバイエル薬品社長に就いた。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/