抗潰瘍薬タケキャブ 除菌処方市場でのシェア50%超え

公開日時 2016/05/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
16年3月時点、PPI市場でのシェアは5%市場浸透はこれから消化性潰瘍は、原因である胃酸の過剰分泌を抑制する薬剤の登場により、ほとんど内科的治療で完結する。その薬剤の代表格がプロトンポンプ阻害薬(PPI)である。PPIはその後、同じ胃酸が原因の逆流性食道炎(GERD)やNSAIDsやアスピリンを原因とする潰瘍、さらに消化性潰瘍の発症に強く関係する胃内の細菌であるヘリコバクター・ピロリの除菌療法の補助にも使用されている。国内では91年に初のPPIであるオメプラール/オメプラゾン(一般名:オメプラゾール)が登場し、タケプロン(ランソプラゾール)、パリエット(ラベプラゾール)、ネキシウム(エソメプラゾール)と続いた。そして、この市場にPPIの1種で新規作用となるカリウムイオン競合型アシッドブロッカ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/