ジプレキサGE 登場1か月でGE比率30%

公開日時 2016/09/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
先発品→GEの切替処方80%超が先発品と同一剤形政府が後発医薬品(GE)の数量シェアを17年央に70%以上、18年度から20年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする目標値を定めたことにより、GE使用促進には一層拍車がかかっている。実際、16年4月の調剤報酬改定では後発品医薬品調剤体制加算の算定要件が加算1(GE比率65%以上)、加算2(同75%以上)とも引き上げられた。そこで今回は最新のGEの浸透状況について考察してみたい。調剤レセプトデータから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI)のデータによると、16年6月の後発品追補収載で初めてGEが登場した主な先発品の7月末のGE比率(処方数ベース)は、抗精神病薬ジプレキサ(一般名:オランザピン)が30%、降圧配合薬...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/