わかもと製薬 緑内障・高眼圧症治療薬「WP-1303」のフェーズ2へ

公開日時 2017/03/23 03:50
  • Twitter
  • 印刷

わかもと製薬はこのほど、緑内障・高眼圧症治療薬として日本で開発している「WP-1303」について国内フェーズ1を終了し、フェーズ2開始に向け準備をしていると発表した。同剤は各種プロテインキナーゼを阻害するなどの作用を持ち、房水流出を促し、眼圧を低下させることが示唆されているという。

同剤は、デ・ウエスタン、セラピテクス研究所(愛知県)が創製したもの、2013年3月にわかもと製薬がライセンス契約により導入し、16年3月からフェーズ1を進めてきた。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/