エムスリー 新日本科学SMOを完全子会社化へ 臨床試験支援事業を強化

公開日時 2018/09/03 03:50
  • Twitter
  • 印刷

エムスリーは8月31日、医療機関の治験業務支援を行う新日本科学SMOの全株式を取得することで、その親会社である新日本科学と合意したと発表した。エムスリーグループでは SMO事業を展開しており、新日本科学SMOを子会社化することで、提携施設は約1300施設、治験専門スタッフは約450人、売上業界シェアは約15%と「業界トップクラスの規模」になるとしている。

株式の取得は10月1日の予定。取得価額は10億円。新日本科学は、主たる事業領域として、前臨床事業とトランスレーショナルリサーチ事業への集中化を進めており、国内SMO事業は、国内大手グループへの集約が進んでいることから、他社との提携を含めた事業再編を検討していた。

その中で「ITインフラや顧客基盤を活用した新たな成長が期待できる」と判断し、エムスリーへ新日本科学SMOの全株式譲渡を決めた。エムスリーはグループ各社との連携で「ITを駆使したさらなる治験支援のe化を加速していく予定」としている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/