ファイザー 鎮痛消炎剤など長期収載品3製品を移管、帝國製薬に

公開日時 2019/02/28 03:50
  • Twitter
  • 印刷
ファイザーは2月27日、鎮痛消炎剤など長期収載品3製品を帝國製薬に移管すると発表した。移管するのはファイザーが販売する鎮痛消炎薬セルタッチパップと、外用ステロイド薬ダイアコート軟膏、同クリーム、鎮痛消炎薬ナパゲルン軟膏、同ローション、同クリーム。帝國製薬としては、重点の整形外科、皮膚科領域の製品の拡充となる。
 
セルタッチは製造販売を帝國製薬が持っており、6月1日に販売移管する。他の2製品は8月1日に製造販売承認の承継と販売移管を行う。これら製品の売上高は開示してない。
 
これら3製品を移管する理由についてファイザーは「両社の協議に基づき合意したもの」としか説明していない。継続的に長期収載品を導出する方針でもないとしている。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事の関連キーワード

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/