記事一覧名

関連ニュース一覧

新薬処方 “積極派”の医師は「MR」と「Web講演会」で情報収集 “慎重派”はオムニチャネルが効果的 (22/05/10)
多発性骨髄腫治療薬の市場規模 21年に1000億円台、29年に1500億円台に 富士経済 (22/04/19)
薬剤師が選ぶ「優れている製薬企業コールセンター」 1位は第一三共 2位は武田薬品 3位はMSD (22/04/08)
薬剤師が選ぶ「優れている製薬企業サイト」 1位はエーザイ 2位は第一三共 3位は大塚製薬 (22/04/01)
コロナ「第6波」のDTL数 ネット使った医師への情報インプットが定着 視聴直後のMRフォローがカギ (22/03/31)
血液による遺伝子パネル検査 進行再発固形がん患者の1.4%で実施 21年11月 (22/03/30)
インフルエンザ 21‐22年シーズンも流行せず 2期連続 (22/03/18)
21‐22年のインフルエンザ 流行なく春を迎える可能性も 1月の患者数は約2700人 (22/02/25)
チャネル別リーチ率 医師が情報にアクセスしたい企業 1位ファイザー 武田薬品と第一三共は順位落とす (22/02/21)
IQVIA・21年国内医療薬市場 中外製薬が首位奪取 製品トップはキイトルーダ 売上1000億円超に6製品 (22/02/18)
オンライン診療の市場インパクト 2035年までに100億円超市場に 在宅診療のIoT機器含め更なる成長も (22/02/07)
優れているMR調査 第一三共が首位奪還も票数減 大塚製薬は精神科医の4割超の支持獲得 (22/02/01)
医師の薬剤情報取得チャネル ネット情報の優位性変わらず 新規処方の意思決定は「MR」がトップ (22/01/28)
医師の処方行動と薬剤情報源 新規処方は「MR」が有利 処方増・処方維持は「MR×ネット」が有効 (22/01/28)
21‐22年のインフルエンザ 12月も流行入りみられず 患者数は例年の約650分の1 (22/01/21)
国がん 全がんの10年相対生存率は60.2% AYA世代のがん5年相対生存率、11種で80%超え (21/12/24)
日本の認知症・MCI治療薬市場予測 29年に4000億円突破 アデュカヌマブなどの上市前提 (21/12/22)
日本の医薬品市場規模 26年にドイツに抜かれ4位に 主要国唯一のマイナス成長国になる可能性 (21/12/21)
21-22年のインフルエンザ 11月の推計患者数1145人 流行なかった前年同月の3分の1 (21/12/16)
21年7~9月 売上1位にオプジーボ返り咲き、16年第4四半期以来 NSCLC1次治療などで伸長 (21/11/17)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告