資料ダウンロード

資料ダウンロード

「キーワード:市場調査」
の検索結果 72個の図表が見つかりました。
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
大腸がん、腎細胞がん、慢性骨髄性白血病、自己造血幹細胞移植適応のレジメン使用割合
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:171.09 KB ■ダウンロード回数:67回
非小細胞肺がんALK陽性患者の約35%にザーコリ使用 発売6か月で
ニュース
ヘルスケアコンサルタント企業のサイニクス社と米国KantarHealthはこのほど、日本市場におけるオンコロジー治療の最新動向をまとめた。2012年5月29日に発売されたALK融合遺伝子陽性の非小細胞肺がん治療薬ザーコリ(一般名・クリゾチニブ)については、発売後約6か月の調査で、ALK融合遺伝子検査の実施率が非小細胞肺がん患者の3割程度にとどまり、同検査で陽性だった患者の中の約35%にザーコリが処...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2014年度薬価改定 各社別の新薬創出加算品目
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:682.46 KB ■ダウンロード回数:2362回
ミクス編集部が製薬各社を対象に実施した2014年度薬価改定のアンケート調査から、薬価を維持する新薬創出加算が適用された製品を見てみると、その約9割が、同加算が試行導入された10年度改定から3回連続(10年度、12年度、14年度)で同加算の適用を受けていることがわかった。
本誌調査 14年度改定 新薬創出加算適用品目 9割が3回連続で適用
ニュース
ミクス編集部が製薬各社を対象に実施した2014年度薬価改定のアンケート調査から、薬価を維持する新薬創出・適応外薬解消等促進加算(以下、新薬創出加算)が適用された製品を見てみると、その約9割が、新薬創出加算が試行導入された10年度改定から3回連続(10年度、12年度、14年度)で同加算の適用を受けていることがわかった。新薬創出加算の適用品目では、その仕切価は変わらないということが見受けられるとともに...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2016年 日本の後発品市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:339.14 KB ■ダウンロード回数:1231回
富士経済は3月28日、2016年の日本の後発品(GE)市場が7779億円になり、12年実績に比べて4割増になるとの予測を発表した。GEの伸長によって長期収載品が市場を失い、長期収載品市場は12年実績より2.5%縮小する。
16年GE市場予測 12年比4割増の7779億円に 降圧剤GEで1000億円超 富士経済
ニュース
富士経済は3月28日、2016年の日本の後発品(GE)市場が7779億円になり、12年実績に比べて4割増になるとの予測を発表した。GEの伸長によって長期収載品が市場を失い、長期収載品市場は12年実績より2.5%縮小する。GE市場で大きな成長が見込まれるのは降圧剤、脂質異常症用薬、抗がん剤の各市場。また、バイオシミラーも注目市場と分析し、16年のバイオシミラー市場は264億円、12年実績比で5.9倍...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
都道府県別 医師カバー率トップ企業(GE専業)
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:226.56 KB ■ダウンロード回数:609回
GE専業大手 医師カバー率6.3%にとどまる 薬剤師中心を反映か SSRI・エムスリー共同分析
ニュース
マーケティングリサーチサービスを展開する社会情報サービス(通称SSRI)とエムスリーはこのほど、後発医薬品専業大手5社の医師訪問状況を分析したところ、5社合計での医師カバー率が6.3%にとどまることがわかった。両社はこの結果の背景について、▽GE専業大手は医師ではなく病院薬剤部や薬局への訪問ウェイトが高い▽新薬メーカーに比べて採用活動が中心で、処方促進のための訪問が少ない――ためとみている。エムス...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2022年市場予測 認知症薬、抗うつ薬、慢性疼痛薬など
■ファイル種別:pptx ■ファイルサイズ:173.02 KB ■ダウンロード回数:472回
認知症薬の市場予測 22年に2420億円に 13年実績比で1000億円増 富士経済
ニュース
富士経済はこのほど、中枢神経領域の治療薬を中心に市場規模予測をまとめ、認知症治療薬市場は2022年に2420億円となり、13年実績から1000億円ほど規模が大きくなると分析した。認知症市場では、薬物療法の中心となっているコリンエステラーゼ阻害薬アリセプトのジェネリック(GE)の市場浸透が進んでいるものの、高齢者人口の増加や市場に多くの新薬があることから、市場は大きく拡大するとしている。この分析は同...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2022年市場予測 認知症薬、抗うつ薬、慢性疼痛薬など
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:453.26 KB ■ダウンロード回数:868回
認知症薬の市場予測 22年に2420億円に 13年実績比で1000億円増 富士経済
ニュース
富士経済はこのほど、中枢神経領域の治療薬を中心に市場規模予測をまとめ、認知症治療薬市場は2022年に2420億円となり、13年実績から1000億円ほど規模が大きくなると分析した。認知症市場では、薬物療法の中心となっているコリンエステラーゼ阻害薬アリセプトのジェネリック(GE)の市場浸透が進んでいるものの、高齢者人口の増加や市場に多くの新薬があることから、市場は大きく拡大するとしている。この分析は同...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
【2014年7-9月】日本の医療用医薬品市場 IMS調べ
■ファイル種別:pptx ■ファイルサイズ:89.10 KB ■ダウンロード回数:601回
ARBディオバン GE登場で売上半減 14年7月-9月 IMS調べ
ニュース
IMSジャパンは11月11日、2014年第3四半期(7月~9月)の国内医療用医薬品の売上データ(薬価ベース)を公表し、6月20日にジェネリック(以下GE)が登場したARBディオバンの売上は前年同期比55.9%減となった。GE登場から3か月余りで売上が前年同期に比べて半減したことになる。IMSジャパンは全医療用医薬品の売上トップ10製品だけ売上額を開示しており、トップ10圏外のディオバンの売上は非開...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
【2014年7-9月】日本の医療用医薬品市場 IMS調べ
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:376.92 KB ■ダウンロード回数:1184回
ARBディオバン GE登場で売上半減 14年7月-9月 IMS調べ
ニュース
IMSジャパンは11月11日、2014年第3四半期(7月~9月)の国内医療用医薬品の売上データ(薬価ベース)を公表し、6月20日にジェネリック(以下GE)が登場したARBディオバンの売上は前年同期比55.9%減となった。GE登場から3か月余りで売上が前年同期に比べて半減したことになる。IMSジャパンは全医療用医薬品の売上トップ10製品だけ売上額を開示しており、トップ10圏外のディオバンの売上は非開...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
22年市場予測 COPDと骨粗鬆症 富士経済
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:249.38 KB ■ダウンロード回数:1300回
22年市場予測 COPD治療薬と骨粗鬆症治療薬 13年比でそれぞれ4割増 富士経済調べ
ニュース
富士経済はこのほど、COPD治療薬市場と骨粗鬆症治療薬市場が2022年に、13年に比べてそれぞれ40%以上拡大するとの市場分析結果をまとめた。COPD治療薬市場は疾患の認知向上などにより、22年の市場規模は663億円、13年比で45.4%増と予測。骨粗鬆症治療薬市場は高齢化の進展に伴う患者数の増加や継続的な新製剤の投入によって市場は拡大し、22年の市場規模は3204億円、13年比で47.0%増と分...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
22年市場予測 乾癬、にきび 富士経済
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:243.16 KB ■ダウンロード回数:1153回
22年市場予測 乾癬治療薬は13年比で3倍に にきび治療薬は2.5倍に 富士経済調べ
ニュース
富士経済はこのほど、乾癬治療薬と、にきび治療薬の2022年の市場予測をまとめ、乾癬治療薬市場は13年比で市場規模が3倍に、にきび治療薬市場は同2.5倍になると分析した。乾癬治療薬市場は10年に乾癬の適応を取得した生物学的製剤が登場して以来、市場は拡大し続けており、また今後も新たな生物学的製剤の登場が見込まれることから、「大幅な拡大が期待される」としている。にきび治療薬市場は、疾患啓発活動に伴う潜在...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
12345678
広告
広告

広告

バナー

広告

【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
【MixOnline】アクセスランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告