【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

リリー ADHD治療薬ストラテラで子どもの成長への影響を調査へ

公開日時 2009/05/28 23:00

日本イーライリリーは、4月に承認された小児ADHD(注意欠陥・多動性障害)
治療薬のストラテラ(一般名:アトモキセチン塩酸塩)について、日本の子ど
もの成長への影響について市販後に調査する。海外での5年間の追跡調査では
一時的に成長遅延が見られるものの、その後は回復するとのデータもあるが、
日本には十分なデータがないという。また、市販後は肝障害、自殺念慮の頻度
も重点的に観察していく。メディア向け勉強会で古閑晃安全性専門部長が明ら
かにした。

同社の臨床開発医師の後藤太郎氏は、依存に関与する脳領域への影響がストラ
テラは少ないことから、他剤に比べ依存・乱用リスクが極めて低いことを示し
た。また、効果発現までは6~8週間かかるものの日中だけでなく夜間、早朝
まで効果が途切れないといった特徴があることを説明した。同治療薬のコンサ
ータとの使い分けについて、効果発現にかかる時間などが異なることから医師
と患者・家族が十分に話し合って決めることだとした。成人への適応はフェー
ズ3準備中という。

プロモーション方針については、マーケティング本部の高山史真子ストラテラ
ブランドチーム部長は、日本児童青年精神医学会や日本小児神経学会などADHD
に詳しい学会に所属する専門医をメインに据え、適正使用の徹底を第一に取り
組む考えを示した。専門医は推定1500~3000人といい、同社の中枢神経領域の
MRが情報提供を行う。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー