【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【World Topics】医療と性差

公開日時 2015/05/29 03:50

「アメリカ医療とは、多くの場合アメリカ男性医療です」と言い切るのは、カリフォルニア州ロサンゼルス市のバーブラ・ストライザンド心臓センター所長のメルツ医師だ。患者が胸の痛みを訴えて救命救急センターに搬送されてくると たいてい血液エンザイム検査がなされる。だが、メルツ医師によれば「これは男性向きのプロトコル。これでは女性の心筋梗塞の20%が見落とされてしまう」という。(ジャーナリスト・西村由美子)


老いも若きも、米国女性がもっとも心配しているのは「癌にかかること」だと言われている。だが、米国CDCによれば、実際には米国女性の死亡原因の第一位は循環器系筆管すなわち心筋梗塞や脳卒中で、この2つをあわせた年間の死亡者数はあらゆる種類の癌による年間死亡者よりも多い。


最近、ニューヨークタイムズ紙がこの問題をとりあげ、女性は心臓発作の兆候が 現れても なかなか救急車を呼ばない(911に電話する割合は男性に比べて36%も低い)と報じた。


女性の場合発作の兆候は男性よりもかすかであることが多いと言われており、これが手遅れになりがちな原因になっている点は看過できないと言われる。男性患者が訴える「胸の劇的な痛み」は女性には少なく、女性の場合、痛みはむしろ 顎、肩、頚、右腕などの痛みとして感じられる例が多く、症状に気づかない場合も多いと推測されており、突然の心筋梗塞で亡くなった女性の3人に1人はその発作以前に何らの兆候も感じていなかったとの調査結果もある。


喫煙、高血圧、高脂血症、肥満(特にリンゴ型と言われる腹部中心の肥満)、 等々のリスクに加え、愛する人を亡くしたり、抑鬱状態におかれることもリスクとなり、女性の場合は 妊娠中毒症の既往もリスクファクターとなる。


心臓疾患の治療は長足の進歩を遂げているのに、予防は遅遅として進まない、特に女性は・・・と専門医は嘆く。女性よ、ハートにご用心!


 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー