参天製薬 社長兼COOに谷内取締役常務執行役員が昇格 4月1日付

公開日時 2018/02/21 03:50
  • Twitter
  • 印刷
参天製薬は2月20日、取締役会において代表取締役の異動を決定し、現在取締役常務執行役員を務める谷内樹生氏が代表取締役社長兼COOに昇格すると発表した。現在の社長兼CEOの黒川明氏は、代表取締役会長兼CEOとなる。4月1日付で実施する。
 
異動理由について同社は、「2020年までの長期的な経営ビジョンである『世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー』の実現に向けて、2018年度から新たにスタートする中期経営計画の実行力を高め、グローバル展開を加速することで、持続的な成長を実現するため」と説明している。
 
新社長となる谷内氏は1973年12月 生まれ44歳。1996年3月に立教大学理学部卒業後、同年に入社。07年に英ケンブリッジ大学でMBA取得。経営企画職を経て、15年4月に執行役員、欧州(現EMEA)事業統括兼Santen Holdings EU社長(現任)に就任、16年4月 に常務執行役員に昇格、17年6月から取締役も務めている。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/