CRO・CSOのACメディカル 昌原副社長が社長に昇格 4月1日付

公開日時 2018/03/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷

CRO、CSO事業を行うACメディカルは3月9日、代表取締役副社長の昌原清植氏(写真)が代表取締役社長に昇格すると発表した。4月1日に実施予定。同社によると、世代交代の一環だが、今後の事業拡大を見据え、長くCSO事業に携わり、製薬業界の状況、動向に詳しい昌原氏が適任と判断した。同社は18年4月から3か年の中期経営計画がスタートすることから新たな経営体制の下で実施することになる。2016年1月から代表取締役社長を務めてきた吉野宏史氏は取締役会長に退く。

昌原氏は、1988年に当時の台糖ファイザー(現ファイザー)入社。92年調剤薬局入局を経て98年アポプラスステーションに。CSO立ち上げから携わり、2007年アプシェ代表取締役社長に就任。2016年1月からACメディカル代表取締役副社長。

同社は16年1月にCROのACメディカルとCSOのアプシェが経営統合し発足。吉野社長と昌原副社長が共に代表権を持つ形で経営を行ってきた。今回の異動に伴い代表取締役副社長には、同社顧問で親会社アグレックス常務執行役員の山本真市氏が就く。新たな代表取締役は4月1日開催予定の臨時株主総会、取締役会を経て正式に決定する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/