アボット スマホで心臓の動きをモニタリング 保険適用

公開日時 2018/06/19 03:50
  • Twitter
  • 印刷
アボットはこのほど、患者の胸部皮下に埋め込んだ機器を通じて、心臓の心拍データを患者自身のスマートフォンに記録、担当医師に送信できるシステムを開発し、保険適用されたと発表した。不整脈による原因不明の意識消失の経験がある患者などが対象で、送信されたデータを遠隔的に医師が確認し、治療や疾病管理に役立てるもので、日本で初めてのタイプの医療機器という。
 
この医療機器の販売名は「コンファームRx AF」。Bluetoothワイヤレス技術を採用しており、患者はモバイルアプリを介してスマートフォンに接続し、自身のスマートフォンで症候性イベントを記録できるようになる。収集データは医療機関が設定したスケジュールに従って担当医へ送信され、心拍の異常の有無を遠隔的に診ることがでるきようになる。
 
厚労省は6月1日付で、「植込型心電図記録計(2)特殊型」の区分で保険償還価格を44万3000円に設定した。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/