大原薬品 肝硬変治療薬を開発へ

公開日時 2018/07/20 03:50
  • Twitter
  • 印刷

大原薬品は新規肝硬変治療薬を国内で開発する。国内のベンチャー企業であるPRISM Pharmaから導入した新規化合物「PRI-724」で実施するもので、まずは日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けて東京都立駒込病院を中心に7月にも始まる医師主導治験フェーズ1/2に用いる治験薬を大原薬品が提供。同フェーズの終了見込みの2~3年後のフェーズ2bから大原薬品が治験を実施するとしている。

「PRI-724」はこれまでに線維化の進展抑制作用、線維溶解作用が示唆されているという。大原は5月24日に同剤について、肝硬変等の線維性疾患を対象に日本国内での独占的開発・製造・販売に関する権利と、アジア地域における優先交渉権を取得する契約をPRISM社と締結していた。今回の導入・開発は、大原が中期計画で掲げるアンメットメディカルニーズへの挑戦の一環。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/