テルモ フェンタニル注射液「ヤンセン」の国内独占販売権取得 19年度に承継予定

公開日時 2018/07/10 03:50
  • Twitter
  • 印刷

テルモはこのほど、医療用麻酔薬のフェンタニル注射液「ヤンセン」の日本での独占販売権を取得したと発表した。ヤンセンファーマから製造販売承認承継と販売移管を2019年度に行う予定。重点の疼痛緩和領域の製品拡充につなげる。

同剤の世界的な権利を持つのはインドのピラマール・クリティカルケア社で、日本ではヤンセンが09年から後発医薬品として販売している。今回、テルモはピラマール社と、同剤の独占的販売契約を締結し、日本で取り扱うことになった。フェンタニル注射液は、手術後の鎮痛剤として広く使用されている。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/