北陸の地域卸・協栄薬品が「北陸東邦」に 東邦薬品が完全子会社化

公開日時 2018/09/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷
東邦ホールディングス(HD)は9月6日、子会社の東邦薬品が10月1日付で、グループ企業で北陸の地域卸である協栄薬品の全株式を取得して完全子会社にし、「北陸東邦株式会社」に社名変更すると発表した。北陸市場での販売力を強化するとともに、完全子会社化することで東邦グループの戦略に基づいて医薬品市場の環境変化に迅速に対応できるようにする。

協栄薬品は、主に後発医薬品を扱い、富山県に本社を置き、同県ほか、石川県、福井県で事業展開している。東邦HDによると、今後は新薬、東邦の顧客支援システムも本格的に扱うことで、北陸市場でのプレゼンスを高める。これまで東邦薬品が協栄薬品の株式の40%を持っていた。東邦HDは同日、残りの株式全てを取得することを取締役会で決議し、株式譲渡契約を締結した。協栄薬品の売上高は30億41百万円。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/