ノボ 血友病B治療薬レフィキシアを発売 半減期延長型

公開日時 2018/11/02 03:50
  • Twitter
  • 印刷

ノボ ノルディスクファーマは11月1日、血友病B患者の定期補充療法や出血時の治療などに用いるレフィキシア静注用(一般名:ノナコグ ベータ ペゴル(遺伝子組換え))を同日に発売したと発表した。作用時間が持続する半減期延長型製剤。発表によると、40IU/kgを週1回、13歳以上の患者に定期的に投与した際、血液凝固因子の活性が、非血友病状態とされる活性レベルである40%を上回る時間は1週間のうち5.4日と推定されるという。

効能・効果は「血液凝固第Ⅸ因子欠乏患者における出血傾向の抑制」。規格は静注用500、1000,2000の3つ。薬価は1瓶(溶解液付)、500単位21万6394円、1000国際単位42万7968円 、2000国際単位84万6403円。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/