見えてきた日本版HTA 既存の薬価制度との整合性が重要に 急げ!担当者の育成

公開日時 2018/11/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
クレコンメディカルアセスメント株式会社取締役最高業務責任者(COO)小林慎費用対効果評価の試行的導入を踏まえ、今後の新薬の薬価収載に向け、当局への対応などが変わる可能性があります。さらに、費用対効果評価は臨床試験と異なり、担当者の力量・手腕によって結果が大きく変化する可能性も秘めています。来年度からの費用対効果評価の本格導入に向けて担当者の育成は喫緊の課題と言えます。試行的導入で見えた費用対効果評価の姿2019年度からの費用対効果評価の本格導入に向け、この原稿を執筆している現在も中医協での議論が継続中です。ただ、これまでの議論の流れから日本版HTAの特徴がおぼろげながら見えてきました。費用対効果評価の試行的導入(以下、試行的導入)では、前半(企業分析及び再分析グループによる分析)は分析ガイド...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/