バイオベラティブ 血友病A治療薬イロクテイトで4000IU製剤の承認取得

公開日時 2018/12/26 03:50
  • Twitter
  • 印刷

バイオベラティブ・ジャパンはこのほど、血友病A治療薬イロクテイト静注用(エフラロクトコグ アルファ(遺伝子組換え))の4000IU(国際単位)製剤の承認を取得したと発表した。患者によっては1回あたり最大規格の3000IU超の投与が必要な場合があり、2バイアルを使用せざるを得ず、週1回ではなく、週2回投与を選んでいたケースもみられたという。4000IU製剤により、治療をしやすくなることを期待する。

同剤は、不足する第8因子の半減期を延長した製剤で、定期補充療法を実施する血友病患者の輸注回数を減らし、身体的負担を軽減することを期待して開発された。これまでの規格には、250 IU(国際単位)、500 IU、750IU、1000 IU、1500IU、2000IU、3000 IUがあった。4000IUは12月12日付で承認された。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/