本格導入直前講座 今さら聞けない費用対効果評価 QALYとICERを説明できますか?

公開日時 2019/01/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
クレコンメディカルアセスメント株式会社取締役最高業務責任者(COO)小林慎2019年4月からの費用対効果評価の本格導入により、いよいよ費用対効果の行政利用がスタートする見通しです。今回は、本格導入の前に最低限押さえておきたい費用対効果評価の基本をおさらいします。2019年4月から本格導入へ2019年4月からいよいよ費用対効果評価が本格的に導入される見通しです。具体的な運用方法はまだ公表されていませんが、費用対効果に基づき医薬品や医療機器の価格調整が行われることになっており、今後は社内の様々な部門で費用対効果に関する知識が必要になることは間違いありません。しかし費用対効果はこれまで製薬会社がなじんできた臨床エビデンスとは全く異なります。既存の知識や体制の延長での対応ではなく、ぜひゼロベースで対...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/