資料ダウンロード

資料ダウンロード

「キーワード:富士経済」
の検索結果 39個の図表が見つかりました。
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2016年 日本の後発品市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:339.14 KB ■ダウンロード回数:1231回
富士経済は3月28日、2016年の日本の後発品(GE)市場が7779億円になり、12年実績に比べて4割増になるとの予測を発表した。GEの伸長によって長期収載品が市場を失い、長期収載品市場は12年実績より2.5%縮小する。
16年GE市場予測 12年比4割増の7779億円に 降圧剤GEで1000億円超 富士経済
ニュース
富士経済は3月28日、2016年の日本の後発品(GE)市場が7779億円になり、12年実績に比べて4割増になるとの予測を発表した。GEの伸長によって長期収載品が市場を失い、長期収載品市場は12年実績より2.5%縮小する。GE市場で大きな成長が見込まれるのは降圧剤、脂質異常症用薬、抗がん剤の各市場。また、バイオシミラーも注目市場と分析し、16年のバイオシミラー市場は264億円、12年実績比で5.9倍...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2022年市場予測 認知症薬、抗うつ薬、慢性疼痛薬など
■ファイル種別:pptx ■ファイルサイズ:173.02 KB ■ダウンロード回数:494回
認知症薬の市場予測 22年に2420億円に 13年実績比で1000億円増 富士経済
ニュース
富士経済はこのほど、中枢神経領域の治療薬を中心に市場規模予測をまとめ、認知症治療薬市場は2022年に2420億円となり、13年実績から1000億円ほど規模が大きくなると分析した。認知症市場では、薬物療法の中心となっているコリンエステラーゼ阻害薬アリセプトのジェネリック(GE)の市場浸透が進んでいるものの、高齢者人口の増加や市場に多くの新薬があることから、市場は大きく拡大するとしている。この分析は同...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2022年市場予測 認知症薬、抗うつ薬、慢性疼痛薬など
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:453.26 KB ■ダウンロード回数:885回
認知症薬の市場予測 22年に2420億円に 13年実績比で1000億円増 富士経済
ニュース
富士経済はこのほど、中枢神経領域の治療薬を中心に市場規模予測をまとめ、認知症治療薬市場は2022年に2420億円となり、13年実績から1000億円ほど規模が大きくなると分析した。認知症市場では、薬物療法の中心となっているコリンエステラーゼ阻害薬アリセプトのジェネリック(GE)の市場浸透が進んでいるものの、高齢者人口の増加や市場に多くの新薬があることから、市場は大きく拡大するとしている。この分析は同...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
22年市場予測 COPDと骨粗鬆症 富士経済
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:249.38 KB ■ダウンロード回数:1312回
22年市場予測 COPD治療薬と骨粗鬆症治療薬 13年比でそれぞれ4割増 富士経済調べ
ニュース
富士経済はこのほど、COPD治療薬市場と骨粗鬆症治療薬市場が2022年に、13年に比べてそれぞれ40%以上拡大するとの市場分析結果をまとめた。COPD治療薬市場は疾患の認知向上などにより、22年の市場規模は663億円、13年比で45.4%増と予測。骨粗鬆症治療薬市場は高齢化の進展に伴う患者数の増加や継続的な新製剤の投入によって市場は拡大し、22年の市場規模は3204億円、13年比で47.0%増と分...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
22年市場予測 乾癬、にきび 富士経済
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:243.16 KB ■ダウンロード回数:1229回
22年市場予測 乾癬治療薬は13年比で3倍に にきび治療薬は2.5倍に 富士経済調べ
ニュース
富士経済はこのほど、乾癬治療薬と、にきび治療薬の2022年の市場予測をまとめ、乾癬治療薬市場は13年比で市場規模が3倍に、にきび治療薬市場は同2.5倍になると分析した。乾癬治療薬市場は10年に乾癬の適応を取得した生物学的製剤が登場して以来、市場は拡大し続けており、また今後も新たな生物学的製剤の登場が見込まれることから、「大幅な拡大が期待される」としている。にきび治療薬市場は、疾患啓発活動に伴う潜在...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
【2005-14年】日本のスイッチOTC市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:35.27 KB ■ダウンロード回数:1157回
スイッチOTCの市場規模 14年で1620億円 右肩上がりの傾向 富士経済調べ
ニュース
富士経済はこのほど、2014年のスイッチOTCの市場規模が1620億円となり、10年前の05年(1375億円)に比べて17.8%増になったとの分析結果をまとめた。直近5年ほどは右肩上がりの傾向で、11年以降は1500億円以上の市場規模になっている。同社によると、11年は1月に解熱鎮痛薬ロキソニンSが、同年10月には抗アレルギー薬アレジオン10といった大型のスイッチ製品が相次ぎ登場したことが背景にあ...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2017年 日本の後発品市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:338.86 KB ■ダウンロード回数:184回
ミクスOnline有料会員(プレミア)向けの資料になります。
富士経済 国内GE市場規模予測 17年に9240億円 13年比で5割増し
ニュース
富士経済は4月13日、日本の2017年の後発品(GE)市場予測を発表し、市場規模は9240億円、13年比で51.9%増加すると分析した。医療用医薬品全体の市場規模は8兆8660億円、13年比5.4%増になるとしており、GE市場の急拡大ぶりが見て取れる。その一方で、長期収載品の市場規模は2兆1269億円、13年比で9.1%縮小する。14年の市場規模見込みでは、医療用医薬品全体が8兆5247億円で、こ...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
GE市場予測(剤型別、バイオシミラー、AG)
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:369.54 KB ■ダウンロード回数:659回
5月22日まで無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
富士経済 GE市場予測 15年に7557億円、前年比13%増 AGは17年に550億円市場に
ニュース
富士経済はこのほど、2015年の国内ジェネリック(以下、GE)市場が7557億円となり、前年見込みと比べて13%増加するとの市場予測をまとめた。このうち経口薬は5377億円(前年見込み比15%増)、経口薬以外の「その他製剤」が2180億円(同9%増)になると予測。経口薬で2ケタ成長する背景には、▽経口薬の扱いが多い調剤薬局でGEが積極的に調剤されている▽14年にARBバルサルタン、カンデサルタンと...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
23年市場予測 糖尿病治療薬、脂質異常症治療薬等
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:274.95 KB ■ダウンロード回数:841回
8月12日まで無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
23年市場予測 糖尿病治療薬は6000億円突破 14年から40%近く拡大 富士経済調べ
ニュース
富士経済は8月7日、糖尿病治療薬の市場規模が2023年に6000億円を突破するとの市場調査結果を発表した。14年の市場規模が4357億円だったことから、23年には14年比で40%近く拡大することになる。糖尿病患者の増加やDPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬の拡大を理由に挙げている。調査方法は同社専門調査員による参入企業や関連企業などへのヒアリングや文献調査などをもとにまとめたもの。調査期間は15年4...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
2023年予測 抗がん剤市場
■ファイル種別:pdf ■ファイルサイズ:309.13 KB ■ダウンロード回数:956回
11月10日まで無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。
富士経済 国内抗がん剤市場予測 23年に1兆5000億円突破 14年比で1.8倍
ニュース
富士経済はこのほど、日本の抗がん剤市場が2023年に1兆5000億円を突破するとの分析結果をまとめた。14年に比べて市場が1.8倍になる。特に肺がん治療薬は、免疫チェックポイント阻害薬の登場などによって14年に948億円だった市場規模が23年には3338億円に14年比3.5倍に急拡大し、抗がん剤市場の中で肺がん治療薬が最大市場になると分析している。また、がん疼痛治療薬・がん副作用治療薬・がん関連症...
ダウンロードを行うにはこちらの利用規約に同意いただく必要があります。
1234
広告
広告

広告

バナー

広告

【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
【MixOnline】アクセスランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告