【MixOnline】記事一覧2
薬剤の総量規制を予感させる流れ

薬剤の総量規制を予感させる流れ

2018/01/31
今回の医師調査で特筆すべきことが幾つかある。まず医師側の薬剤に対する意識が変わった。
MRの生産性向上プロジェクト始動

MRの生産性向上プロジェクト始動

2017/12/29
2018年からの3年間は、製薬企業のプロモーション活動にとって産業構造転換における「猶予期間」に位置づけられる。
MRの働き方改革に全力で取り組む時

MRの働き方改革に全力で取り組む時

2017/11/30
デジタル情報だけで処方影響度を高めるには至らない。医師がMRとの面談を通じ、ネット情報の信憑性を確認してこそ、安心、納得して患者への処方を始めることができる。
イノベーション評価で政府方針明らかに

イノベーション評価で政府方針明らかに

2017/10/31
製薬業界が官民対話などを通じて主張する「革新的新薬等に係るイノベーション評価」について、政府の方針が明らかになってきた。
秋の夜長は地域医療情報の収集を

秋の夜長は地域医療情報の収集を

2017/09/30
今回は製薬企業各社のMRが担当エリアの情報をどう入手し、日々の活動に活かすかを列記してみたい。地域医療にとってこの10月は極めて重要な時期となる。
【17年9月号】9月から本格化する次期改定論議

【17年9月号】9月から本格化する次期改定論議

2017/08/31
夏休みが明け、いよいよ9月から18年度薬価・診療報酬改定に向けた議論が本格化する。政府は社会保障費の自然増の伸びを5000億円規模に圧縮する方針で、これを超える部分は薬価引下げなどの制度改正で補う考えだ。
【17年8月号】ゲノム医療実現で医薬品開発は次のステージに

【17年8月号】ゲノム医療実現で医薬品開発は次のステージに

2017/07/31
オールジャパンによる革新的新薬創出プロジェクトが動き始めた。国は、がん領域で患者ごとにゲノム変異を明らかにし、その結果に即して最適な治療方針を決定する「ゲノム医療」の実現に舵を切った。
【17年7月号】製薬産業をみる社会の目が変わってきた

【17年7月号】製薬産業をみる社会の目が変わってきた

2017/06/30
厚労省は社保審医療保険部会に、先発品の償還価格を後発品の平均薬価に揃える制度のイメージを提示し、その後の議論で物議をかもした。
【17年6月号】環境に即応できる人材の育成・確保が不可欠

【17年6月号】環境に即応できる人材の育成・確保が不可欠

2017/05/31
ここ数年間の医療政策のスピードは過去に例を見ないものだ。話題となった高額薬剤オプジーボの薬価50%引き下げは昨年11月下旬に決まった。その1か月後には薬価の毎年改定に向けた基本方針が取りまとめられる。
【17年5月号】エリア戦略におけるMR・MS連携の新たな方向性

【17年5月号】エリア戦略におけるMR・MS連携の新たな方向性

2017/04/30
本特集では、エリア戦略におけるMRとMSの連携の新たな方向性を検証した。近い将来、MR・MS連携は「在宅医療と遠隔診療」がメインターゲットとなる。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー