【MixOnline】記事一覧2
外山滋比古の散歩の勧め

外山滋比古の散歩の勧め

2018/05/15
『思考の整理学』(外山滋比古著、ちくま文庫)で大学生に大人気の外山滋比古の『歯切れよく生きる人――知的な健康生活』(外山滋比古著、祥伝社黄金文庫)は、全ページが散歩の勧めで埋め尽くされている。
「イイクニつくろう鎌倉幕府=1192年」では、丸をもらえない

「イイクニつくろう鎌倉幕府=1192年」では、丸をもらえない

2018/04/17
「イイクニつくろう鎌倉幕府=1192年」と答えても、今の学校では丸をもらえないことを知っていますか。これに止まらず、私たちの知識が通用しないケースの何と多いことか。
もし大人が『君たちはどう生きるか』を読んだら

もし大人が『君たちはどう生きるか』を読んだら

2018/03/15
『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎著、ポプラポケット文庫)を36年前に読んだときには、少年時代に読んでおけばよかったと感じたが、今回、読み直してみて、これは大人のための書でもあると気がついた。
「カッときたら幽体離脱」が、あなたの最高の武器になる

「カッときたら幽体離脱」が、あなたの最高の武器になる

2018/02/16
これこそ、すぐ頭に来る直情径行型の私のために書かれた本だと、『頭に来てもアホとは戦うな!――人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』(田村耕太郎著、朝日新聞出版)を手にした。
スマホを手放せば、脳がひらめく

スマホを手放せば、脳がひらめく

2018/01/15
ミクス1月号で、沼田編集長が、「新しい時代の営業人財や営業組織、マーケティング、さらにはMR一人ひとりの生産性を向上させるプランを提案し、それによって構築したミッションの実行から成功までをミクスが全面サポート」すると宣言した。
負け犬たちが世界最高のブランドを創り上げるまでの波瀾万丈物語

負け犬たちが世界最高のブランドを創り上げるまでの波瀾万丈物語

2017/12/18
『SHOE DOG――靴にすべてを。』(フィル・ナイト著、大田黒奉之訳、東洋経済新報社)を読み終わった時、この著者、フィル・ナイトと一緒に仕事をしたかったな、と強く感じた。
文章を書くのが苦手、時間がかかってしまうという人のための参考書

文章を書くのが苦手、時間がかかってしまうという人のための参考書

2017/11/15
文章を書くのが苦手、どうしても時間がかかってしまうという人のための実践的参考書がある。『10倍速く書ける超スピード文章術』(上阪徹著、ダイヤモンド社)がそれである。
「すぐやる人」になるための仕組み作りの最高・最強のテクストブック

「すぐやる人」になるための仕組み作りの最高・最強のテクストブック

2017/10/24
『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣――高校時代の偏差値30台の勉強嫌いが自分を変えてケンブリッジに入学、活躍できた理由』(塚本亮著、明日香出版社)を読んだ人と、読まないで済ませてしまった人との間には、その後の人生で大きな差がついてしまうだろう。
国も企業も個人も、失敗の歴史に学べ

国も企業も個人も、失敗の歴史に学べ

2017/08/17
歴史を学ぶことに価値があるのだろうか。歴史を知れば、成功できるのだろうか。「歴史を知り、その教訓に学んでも、成功するとは限らない。しかし、失敗の確率を減らすことはできるだろう。なぜなら、成功と失敗は非対称的だからだ。失敗するのは簡単だが、成功するのは難しいのである」。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー