【MixOnline】記事一覧2
「すぐやる人」になるための仕組み作りの最高・最強のテクストブック

「すぐやる人」になるための仕組み作りの最高・最強のテクストブック

2017/10/24
『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣――高校時代の偏差値30台の勉強嫌いが自分を変えてケンブリッジに入学、活躍できた理由』(塚本亮著、明日香出版社)を読んだ人と、読まないで済ませてしまった人との間には、その後の人生で大きな差がついてしまうだろう。
国も企業も個人も、失敗の歴史に学べ

国も企業も個人も、失敗の歴史に学べ

2017/08/17
歴史を学ぶことに価値があるのだろうか。歴史を知れば、成功できるのだろうか。「歴史を知り、その教訓に学んでも、成功するとは限らない。しかし、失敗の確率を減らすことはできるだろう。なぜなら、成功と失敗は非対称的だからだ。失敗するのは簡単だが、成功するのは難しいのである」。
人間の運と実力を考える

人間の運と実力を考える

2017/07/14
私が、その著作物のみならず、その生き方も含めて尊敬しているのは、松本清張と井上ひさしである。
君は、人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いを、一言で言えるか

君は、人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いを、一言で言えるか

2017/06/16
最近のICTの進化は目まぐるしく、ちょっと目を離すと、遥か後方に置いていかれてしまう。君は、人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いを、一言で言えるか。
心に深く突き刺さる丸山健二の峻烈な言葉

心に深く突き刺さる丸山健二の峻烈な言葉

2017/05/15
いろいろな人が発信する中で、私の心に一番深く突き刺さるのは、丸山健二の言葉である。若い時に彼の言葉に触れていたら、私の人生はもっと雄々しいものになっていたことだろう。
手帳に書くと、忘れることができる、だから、目の前の仕事に集中できる

手帳に書くと、忘れることができる、だから、目の前の仕事に集中できる

2017/04/18
『仕事が速い人の手帳・メモのキホン――会社では教えてもらえない』(伊庭正康著、すばる舎)では、手帳・メモに関する39の具体的な実践テクニックが紹介されている。
MR活動は、個人の実力勝負から、企業の総力戦の時代へ

MR活動は、個人の実力勝負から、企業の総力戦の時代へ

2017/03/15
三共(現・第一三共)の医薬営業本部部長兼ウェブ情報部長として、一騎当千の部下たち、優秀な制作会社・電通とともに、当時、各部門――研究、開発、生産、営業、市販後臨床、管理――がそれぞれの方針で作成していた企業ホームページを全社統一的なものに全面リニューアルするという大転換を断行し、併せて、患者・生活者向けの疾患解説ページ「目で見る病気の基礎知識」を開設したのは、2003年3月のことであった。
「コミュニケーション力=語彙力=教養」の鍛え方

「コミュニケーション力=語彙力=教養」の鍛え方

2017/02/17
MR活動に一番求められるのは、ドクターを初めとする医療関係者とのコミュニケーション力ということは誰もが実感していることだろう。
我々の祖先とネアンデルタール人の運命を分けた謎が明らかに

我々の祖先とネアンデルタール人の運命を分けた謎が明らかに

2017/01/17
我々の祖先、ホモ・サピエンス・サピエンス(解剖学的現生人類、現生人類)と、絶滅したホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルタール人)の運命を分けた謎を解き明かすことは、人類進化を考える胸躍るテーマと言える。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー