【MixOnline】記事一覧2
川下編①
SCL研究会 保高英児

課題山積の川下流通

2020/09/30
本連載は今回から「川下流通」の未来像を探る。キープレイヤーは医療機関と保険薬局/ドラッグストア。患者起点のバリューチェーンを考える上で、2025年に迫る高齢化のピークと、その後に到来する生産労働人口の減少など社会構造と社会システムの変化にどう対応するかだ。
医薬品卸編⑥
SCL研究会 保高英児

物流機能がバリューチェーン形成のテコに

2020/08/31
医薬品卸は提携戦略でパートナー獲得を急ぐ。多角化事業の伸長は一連の薬価制度改革で一進一退となり、バリューチェーンを自力形成するには時間がない。新薬のコアはバイオから細胞薬、再生医療品へと進化し深化する。その一端はSP薬1社流通品となり、卸間の差別化要因となる。
医薬品卸編⑤
SCL研究会 保高英児

パートナー戦略で進路突破

2020/07/31
医薬品卸は、医療用医薬品卸事業で緻密に利益を確保しつつも、高齢化や人口減少に伴う労働生産人口の減少といった社会構造や社会環境の変化に対応する新たな収益モデルの確立に余念がない。
医薬品卸編④
SCL研究会 保高英児

大手卸決算から 新型コロナ後の医薬品流通を考察する

2020/06/30
医薬品卸の2020年3月期決算が出揃った。流通透明化ガイドライン制定2年目にあたる今回の決算期は、昨年10月の消費増税に伴う薬価改定や、今年4月実施の診療報酬改定とその財源として当て込んだ薬価制度抜本改革の議論が活発化した。
ポストコロナ バリュー創造型「医療/ヘルスケア専門商社」に
SCL研究会 保高英児

バリュー創造型「医療/ヘルスケア専門商社」に

2020/05/31
新型コロナウイルス感染症の拡大も第1波のピークは過ぎ、経済活動再開の動きが強まってきた。在宅勤務や外勤自粛を経験した製薬産業も、ポストコロナを視野に新たビジネスモデルの再構築に動きだす。
コアビジネス「卸経営の2極分化、特殊薬とGE品」
SCL研究会 保高英児

コアビジネス「卸経営の2極分化、特殊薬とGE品」

2020/04/30
医薬品卸編の2回目では、コアビジネス(本業)である「医療用医薬品卸事業」の経営構造に焦点をあてる。今後は2つの双極的事業に収斂される。
医薬品卸編 保険外で成長確保、地域・介護・未病・健康事業の創成がカギ
SCL研究会 保高英児

医薬品卸編 保険外で成長確保

2020/03/31
今号から、医薬品バリューチェーンの中核プレーヤーである医薬品卸編を展開する。2030年に向けた医療用医薬品市場は、政府による薬剤費抑制策が今後も強まるため、成長基調を描くことは難しい。
革新的創薬技術の確保で争奪戦の様相
SCL研究会 保高英児

革新的創薬技術の確保で争奪戦の様相

2020/02/29
今回からバリューチェーンのプレーヤー各論編をスタートさせる。初回は製薬企業を論じてみたい。もはや製薬産業は変革の奔流である医療保険制度改革や薬価制度抜本改革の荒波に晒されている。
「未来像MAP」から読み解く製薬産業・流通業界の明日(後編)
SCL研究会 保高英児

ラストワンマイル!卸・調剤/ドラッグ・病医院等の未来像

2020/01/31
連載2回目は「ゲームチェンジはもうすぐ、付加価値なきプレーヤーは退場」との問題意識で、今後の各論への道筋提起「後編」を展開する。登場するプレーヤーは卸と調剤、ドラッグ、医療機関、保険者、患者、生活者、さらにデジタル・IT事業者である。
「未来像MAP」から読み解く 製薬産業・流通業界の明日(前編)
SCL研究会 保高英児

「未来像MAP」から読み解く製薬・流通の明日

2019/12/28
医療/医薬品産業は、変革の奔流にさらされている。その要因は人口の高齢化や労働生産人口の減少に起因する。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー