【MixOnline】記事一覧2
MR向けDX研修の源流を辿る
ミクス編集部

MR向けDX研修の源流を辿る

2022/10/01
前回は、営業所長に求められるデジタルMR活動の指標とKPI達成へのステップについて触れた。なかでも営業所長は担当MRと一緒に、デジタルMR活動の各種パラメータ(登録率、開封率、視聴率、リアクション率など)の標準目標を設定し、それを達成するような行動計画を策定することを求めた。
営業所長に求められるスキルと役割
ミクス編集部

営業所長に求められるスキルと役割

2022/09/01
前回はDX-MRの育成に求められる組織体制についての見解を示した。今回は、DX-MRの育成方法に着目し、デジタルMR活動を最適化する方策について論じてみたい。
DX‐MR育成に求められる組織体制
ミクス編集部

DX‐MR育成に求められる組織体制

2022/08/01
MR活動の更なる発展の観点から、DXに対応したMR(DX-MR)の育成が求められている。
MRが挑戦する“医療DX”の世界
ミクス編集部

MRが挑戦する“医療DX”の世界

2022/07/01
前回までの連載は、医師のe嗜好性(高位、中位、低位)に応じたデジタルMR活動の方法論を紹介した。今回からは、MR活動の更なる発展として、DX(デジタルトランスフォーメーション)について人財育成や戦略応用などの観点から論じてみたい。
MRの面談成約率を高める工夫
ミクス編集部

MRの面談成約率を高める工夫

2022/06/01
前回の連載では、デジタルMR活動を最適化するためのKPI設定の考え方を紹介した。医師のe嗜好性に応じ、Web講演会や動画コンテンツを視聴した後のフォローアップを最適化するために、医師との面談成約率やコンテンツ開封率、リアクション率などを定量化し、その一つひとつの打率アップのための施策にチームをあげて取り組むことが望ましいとの方向性を示した。
デジタルMRの活動評価を考える
ミクス編集部

デジタルMRの活動評価を考える

2022/05/01
デジタルMR活動をさらに最適化するための手法として、前回は医師の処方行動を「AMTUL」ごとに分析した。今回は、製薬各社が取り組む「ハイブリッド型」活動における効果検証の手法とMR活動のKPIについて考えてみたい。
AMTULと医師のe嗜好性を考えたアプローチ
ミクス編集部

AMTULと医師のe嗜好性を考えたアプローチ

2022/04/01
前回の連載では、医師の処方行動として「AMTUL」の概念を紹介し、医師のe嗜好性に見合う活動の方法について紹介した。今回は、この概念をより深めてみたい。
デジタル活用の動機付けとなる研修のあり方
ミクス編集部

デジタル活用の動機付けとなる研修

2022/03/01
今回は、チーム内のMRに対するデジタル活用の動機付けとなる研修を考えてみたい。素材として「AMTUL」を使ってリアルMRとデジタルコンテンツの2軸による医師へのアプローチの最適化について考えてみた。
デジタル活用推進のプロモーターを任命
ミクス編集部

デジタル活用推進のプロモーターを任命

2022/02/01
ミクス編集部は1月号で、デジタル最適化は“チーム連携”からと題し、アンバサダーやエバンジェリストの配置が一考ではないかと提案した。今回は、この考え方をより具現化するための手段を考えてみた。最初に取り組むべきはデジタル活用事例のチーム内での共有だ。
デジタル最適化は“チーム連携”から
ミクス編集部

デジタルの最適化は“チーム連携”から

2022/01/01
ミクス編集部は、アフターコロナでデジタルを活かすMR活動にフォーカスし、最適化の手法などを探ってきた。今回はチーム連携によるデジタル活用に迫ってみたい。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー