【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

世界標準となった大腸がん化学療法の選択肢 バイオマーカーを用いた個別化医療も浸透

公開日時 2009/11/29 00:00
国立がんセンター中央病院消化器内科山田康秀医長09年の7月に発行された「大腸癌治療ガイドライン」の改訂版で、化学療法の推奨レジメンが多様になった。とくに「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」に関しては、ベバシズマブ(製品名:アバスチン)やセツキシマブ(アービタックス)といった新たな分子標的薬の位置づけが明確化され、世界標準に近い治療アルゴリズムが記載された。さらに今後はパニツムマブ(ベクティビックス)の上市が見込まれているほか、抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体とKRAS遺伝子の変異と有効性との関連をめぐる研究も進んでいる。新たな展開を遂げている同領域の現状と今後の展望について、国立がんセンター中央病院の山田康秀・消化器内科医長に話をうかがった。◎大腸がんの新ガイドライン(GL)の改...
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

ここから先はプレミア会員の方のみお読みいただけます。

新規の会員登録はこちら新規の会員登録はこちら

医師・歯科医師、学生はこちらから、ご登録ください。
会員登録がお済の方は、ログイン後に記事の続きをお読みいただけます。

トライアルお申込みはこちらトライアルお申込みはこちら
  • 料金プラン料金プラン
  • サービス詳細サービス詳細

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(2)

プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー