【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

大日本住友 アバプロ、ロナセンの10年度売上倍増を計画

公開日時 2010/05/11 04:01

大日本住友製薬は5月10日、10年3月期(09年度)決算の説明会で、戦略品のARBアバプロと統合失調症治療薬ロナセンの売上高を10年度に倍増させる計画を明らかにした。アパプロは09年度37億円を80億円に、ロナセンは63億円を120億円にする。この2製品は、腰部脊柱管狭窄症などに用いるプロレナールとともに戦略品に位置付けられており、営業資源を重点的に投入し、目標を目指す。

アパプロは中間期で10億円と苦戦していたが、多田正世社長は10日の説明会で、「ARBの中で最も腎保護作用が強いことを中心に訴求」し、浸透を図る姿勢を示した。09年度後半は月商6億円台に入ったといい、10年度は7億円ペースに乗せ、目標を達成したい考え。塩野義製薬が販売する同成分のイルベタンも09年度は38億円と同水準、10年度も83億円を計画する。

ロナセンについては「陽性症状によく効き、副作用も少ない。特徴ある統合失調症治療薬」として訴えていくという。4月に容量の増やした8mg錠を発売、専任MRの増員、エビデンスの蓄積もできていることから、売上拡大を加速させる。

同社は10年度の重点課題に「営業体制の変革」を掲げ、地域本部制の強化などによる顧客対応の迅速化といった顧客視点の活動の一方で、売上重視から利益重視へシフトを進める。戦略品への営業資源シフトもその一環で、MRに対しても、「自らの行動がコストであるという意識を高めてもらい」、1日当たりのターゲット施設への訪問件数を増やすなどMRに対し行動の効率化を求めていくとしている。

09年度業績は、後発品との競合により主力品のCa拮抗薬アムロジンの減収をアパプロなど新製品が吸収する形で国内売上高は横ばいだったところに、買収した米セプラコール社の売上などが寄与したことで増収増益となった。10年度は9%強の薬価改定の影響して国内売上高は3.9%減となるものの、セプラコール社の寄与もあり全体では2ケタ増収の確保見込み。一方、セプラコールの販売管理費、研究開発費もかさむため大幅な減益を予想している。

【連結業績(前年同期比)10年度通期予想(前年同期比)】
売上高2962億6100万円(12.2%増)3540億円(19.5%増)
営業利益356億2400万円(14.3%増)35億円(90.2%減)
経常利益338億3700万円(7.8%増)10億円(97.0%減)
純利益209億5800万円(4.9%増)0億円(100.0%減)

【09年度売上高(08年度実績)10年度通期予想、億円】
アムロジン520(579)385
ガスモチン207(202)204
プロレナール154(148)160
メロペン147(148)102
エパステル92(106)73
ロナセン63(34)120
スミフェロン58(60)53
グロウジェクト46(43)11
アムビソーム40(31)51
メルビン39(34)35
アパプロ37(15)80
エクセグラン36(36)34
ドプス36(38)33
グリミロン32(36)29
キュバール30(36)25
アルマール28(30)25
ルーラン26(28)24
セディール25(27)24
リプレガル25(11)40
トレリーフ8(1)28
ミリプラ2(-)15
メトグルコ(5月発売)-(-)7

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー