【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

旭化成ファーマ デュピュイトラン拘縮治療薬を導入 手術以外の治療に道

公開日時 2011/03/24 04:01

旭化成ファーマは3月23日、手のひらの組織の異常で手指の関節が次第に動かなくなるデュピュイトラン拘縮などの治療薬ザイアフレックス(=海外名、クロストリジウムヒストリチクス菌由来のコラゲナーゼ)について、開発した米Auxilium(オキシリウム社)から日本で独占的に開発・製造・販売する権利を取得したと発表した。同剤は注射剤で、日本では12年にフェーズ1を開始し、順調にいけば15年ごろの発売を期待している。

デュピュイトラン拘縮以外に、陰茎にコラーゲンがたまり勃起不全になるペイロニー病の治療薬としても開発する。いずれも現在は手術以外に治療法がないといい、承認されれば、日本での薬物治療に道を開くことになる。デュピュトライン拘縮の推定患者数は、手術件数から6000人以上、ペイロニー病の患者数は分かっていない。

同剤は既にデュピュイトラン拘縮の治療薬としては欧米で承認されている。オキシリウム社が日本での開発パートナーを探していたところに、重点領域である整形外科、泌尿器科を強化したい旭化成ファーマと思惑が一致し、契約締結の運びとなった。旭化成ファーマは、契約一時金として1500万ドルを支払う。
 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(26)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー