【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

世界R&D費調査 トップ5の4社が製薬企業 日本の武田、アステラスは40位台

公開日時 2011/10/26 04:02

経営コンサルタントのブーズ・アンド・カンパニーが10月25日に発表した、世界1000社を対象にR&D支出の動向などを調べた「グローバル・イノベーション調査」結果概要によると、R&D支出額トップ5のうち4社が製薬企業だった。日本の製薬企業の中でトップクラスのR&D費を計上する武田薬品は41位、アステラス製薬は49位だった。

R&D支出トップ5は、4位のマイクロソフト(米 87億1400万ドル 3.3%減)を除き全てヘルスケア企業。トップにはロシュ(スイス 96億4600万ドル 1.5%増)、2位ファイザー(米 94億1300万ドル 20.0%増)、3位ノバルティス(スイス 90億7000万ドル 21.4%増)、5位メルク(米 85億9100万ドル 53.0%増)と並ぶ。トップ20を見ても、8社を占める(上記4社以外10位J&J、13位GSK、16位サノフィ、18位アストラゼネカ)。

日本のヘルスケア企業では、41位に武田薬品(33億8000万ドル 2.5%減)、49位にアステラス製薬(25億4300万ドル 11.1%増)が続いた。

この調査は毎年行われているもの。10年のR&D総支出は、09年度のマイナス(3.5%減)から一転、9.3%増となり、5500億ドルを計上した。製薬を含むヘルスケア業界は全体の22%を占め、コンピュータ・エレクトロニクス業界(27%)に次ぐ規模。伸びをけん引した業界の一つがヘルスケア業界で、伸び率は09年度より9.1%増と、R&D支出が多い上位3業界(他の2業界はコンピュータ・エレクトロニクス、自動車)の中では最も高い伸び率を示し、新薬開発に向け積極的に投資する動きがうかがえた。(下表は調査結果概要より作成)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(10)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー