【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

国内後期開発品559品目を分析、ファイザーとGSKが品目数トップに 本誌調べ

公開日時 2012/01/10 04:02

 

 

本誌が製薬企業63社(内資42社、外資21社)の昨年11月下旬時点における後期開発品559プロジェクトを調査、分析したところ、開発品数でファイザーとGSKが並んでトップだったことが分かった。両社のプロジェクト数は43と、3位のノバルティスの29プロジェクトを大きく引き離した。品目数は新効能、適応追加、剤型追加などを含む数値。詳細(疾患領域別および企業別後期開発品リスト)はミクスonlineに掲載中。 


4位以下はアストラゼネカ(24)、バイエル薬品(23)、大塚製薬(20)で、トップ4は外資が独占したが、5位に大塚製薬がランクインした。
一方、内資企業だけでみると、プロジェクト数の上位3位は、首位の大塚製薬に続き、エーザイ(18)、塩野義製薬(18)、武田薬品(18)が並んで2位、3位がアステラス製薬(16)と、大手に加えて、準大手も健闘した。
 

 

後期開発品目数 企業ランキング
     
順位 企業名 品目数
1  グラクソ・スミスクライン 43
1  ファイザー 43
3  ノバルティス ファーマ 29
4  アストラゼネカ 24
5  バイエル薬品 23
6  大塚製薬 20
7  中外製薬 19
8  エーザイ 18
8  塩野義製薬 18
8  武田薬品 18
  2011.11月末時点 本誌調べ

 

 

 

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー

この記事の関連キーワード

【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー