【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

躁うつ病治療薬・炭酸リウチムで中毒 血中濃度の測定を PMDA注意喚起

公開日時 2012/04/11 04:00

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は4月9日、躁病や躁うつ病の躁状態に用いる炭酸リチウムについて、適正な血中濃度が保たれないまま投与されつづけて中毒症状を発現した症例が報告されていることから、「医薬品適正使用のお願い」としてメール、ウェブサイトで注意喚起した。投与初期は週1~2回、維持量では月1回程度の血中濃度測定を実施するよう呼びかけた。

中毒症状としては、意識障害、運動過多、発語障害など様々な症状がある。初期症状としては食欲低下、吐き気、嘔吐、下痢、錯乱などか現れる。製薬企業、医療機関からPMDAに06年4月~11年11月までに報告された重篤なリチウム中毒は98例で、うち9割の89例では適切な頻度でリチウムの血中濃度測定がされていることが確認できなかった。

炭酸リチウム製剤には、リーマス錠(製造販売:大正製薬、販売:大正富山医薬品)、リチオマール錠(製造販売:藤永製薬、販売:第一三共販売)、炭酸リチウム「アメル」(製造販売:共和薬品)、炭酸リチウム「ヨシトミ」(製造販売:全星薬品、販売:田辺三菱製薬、プロモーション提携:吉富薬品)


 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー