【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

カナダ・Valeant Pharmaceuticals社  アイケアのボシュロムHDを買収 

公開日時 2013/05/30 05:00

ニューヨーク証券取引所上場の皮膚・神経領域のスペシャリティー製薬企業でブランド・ジェネリックも手掛けるカナダのValeant Pharmaceuticals International Inc(本社:ケベック州ラバル、J. Michael Pearson会長兼最高経営責任者)は5月27日、アイケア領域のリーディングカンパニーであるボシュロムホールディングス(本社:アメリカ・ニューヨーク州ロチェスター、Brent Saunders最高経営責任者)を負債も含め87億ドルで買収すると発表した。


2013年に入ってからすでに両社が行った買収なども含めると、Valeant Pharmaceuticalsの連結ベース通期売上高は約80億ドルとなり、製薬企業の世界ランキングで20位以内に急浮上する可能性がでてきた。


買収は借入金と15~20億ドルの新株発行で調達される現金買収になる見通し。買収完了は2013年第3四半期を予定している。買収資金のうち45億ドル分がWarburg Pincus氏率いる投資家グループに支払われ、うち約42億ドルがボシュロムの未払い負債の返済に充てられる。


買収完了後、ボシュロムはValeant Pharmaceuticalsの一事業部門として社名も含め存続する。また、ボシュロムの取締役会会長のフレッド・ハッサン氏はValeant Pharmaceuticals取締役会に加わるほか、ボシュロム上級副社長のダン・ウェクスラー氏はValeant Pharmaceuticalsの眼科・アイケア担当の上級副社長に就任の予定。
今回の買収でValeant Pharmaceuticals は既存の眼科領域も含め、買収後には眼科・アイケア領域では通期売上高35億ドルの規模を有する見込み。


Valeant Pharmaceuticalsは先月、ウォールストリートジャーナルが世界第3位のジェネリック企業・Actavisを買収するとの観測を報じていたが、Actavisは一足先にWarner Chilcottの買収を発表しており、今後ヨーロッパ市場などを中心としたマージン低下の潮流を受け、中堅のスペシャリティ製薬企業やジェネリック上位各社による買収合戦はより活発化するのは確実とみられる。


 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー