【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

東京都・小池知事 新型コロナで初の「東京アラート」を発動 都民に注意・警戒呼びかけ

公開日時 2020/06/03 04:50
東京都の小池百合子知事は6月2日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、緊急事態宣言解除後に感染者数が増加していることを踏まえ、初めて「東京アラート」を発動した。この日の感染者数は34人となり、30人を超えたのは5月14日以来となる。小池都知事は会議後の会見で、「病院の集団感染の影響があるとはいえ、警戒すべき水準」と強調。「これを機会に三密などに十分注意して欲しい。改めてテレワーク、時差通勤など、働き方のシステムとして取り入れていただきたい」と呼びかけた。お台場に架かるレインボーブリッジのイルミネーションが同日23時から東京アラートを示す赤色に切り替えられ、都民に注意・警戒を呼び掛けた。

東京都は5月25日の緊急事態宣言の解除以降、社会経済活動を再開するため、6月1日に休業要請の解除行程を3段階で示すロードマップの「ステップ2」に移行したところ。この日の対策本部会議では、モニタリング指標の状況が示された。それによると、この1週間の平均新規陽性者数が16.3人となり、緩和の目安となる1日20人未満を下回っているものの、感染者数が30人以上となったことから、「警戒すべき状況」と指摘している。このほか、新規陽性者における接触歴不明率は50.0%(前日より6.7ポイント減少、34人中22人が濃厚接触者、うち13人が病院のクラスター事案、5人が夜の街関連)、週単位の陽性者増加比2.15(前日より0.27ポイント増加)、重症患者数26人(前日より3人減)、入院患者数312人(前日より17人減)、PCR検査の陽性率2.1%(速報値)、受診相談窓口における相談件数938件-と報告した。

◎小池知事「ウイズコロナを前提とした新しい日常を徹底して欲しい」  

小池知事は会議後の会見で、感染者については、「かねてより申し上げている夜の街の関連。新宿エリアの飲食・接客業関係者が多い」と報告。「ウイズコロナを前提とした新しい日常を徹底して欲しい」と呼びかけ、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスの確保、テレワークの推進など、さらなる徹底に努めて欲しいと要請した。なお、ロードマップの「ステップ2」は維持する方針だ。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー