【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

東京都医師会・尾﨑会長 政府のGo Toトラベル「一度中断する決断を」 感染者2日連続500人超に警戒感

公開日時 2020/11/20 19:40
東京都医師会の尾﨑治夫会長は11月20日、緊急記者会見を開き、東京都内の新型コロナウイルス感染症の感染者が2日連続して500人を超えたことに強い警戒感を表明した。尾﨑会長はこのまま感染者数が拡大すると4週間後には1日あたり1020人まで増える推計もあると述べ、「これはもう東京の医療はもたない」と危機感をあらわにした。また、政府のGo Toトラベルについては、キャンペーン実施2週間後くらいから感染者が全国的に増加に転じていると指摘し、「ここで一度中断するという決断をして頂けないかと考えている」との見解を示した。

東京都のコロナ感染者数は11月19日が過去最多の534人、20日は522人となった。尾﨑会長は、「いましっかりとした感染予防対策をとらないと、東京の医療体制がかなりひっ迫する」と強調。家庭内感染や職場内感染が増加しているとして、「特に家族に高齢者がいる方、職場で高齢者と接触する方は、さらに気を付けて活動して頂きたい」と注意を喚起した。

◎冬場は心筋梗塞や脳卒中が多発 コロナ対応で一般患者の病床確保に危機感

尾﨑
会長はまた、冬場の感染対策に触れ、「寒さや空気が乾燥するなどで、これからの時期は心不全や呼吸不全が多発する」と指摘。今年に限っては、コロナ禍で医療機関の受診を控える患者や、在宅勤務で日頃の運動量が減り、生活習慣病のコントロールができなくなる患者が急増する可能性が高いと予測した。また、「通常は救急病院で循環器疾患の患者を診てくれるが、コロナで病床が埋まるとなると、こういう患者の行く場所がなくなる」と述べ、医療提供体制を確保するためにも、コロナ感染者をできるだけ減らしていくことが大事になると強調した。

◎Go Toによる人の移動は感染拡大に影響している キャンペーンは一時中断を

政府のGo Toトラベルにも触れた。東京は10月1日からGo Toキャンペーンが始まっている。尾﨑会長は、「私の目の錯覚かどうかわからないが、この2週間後くらいからどうも感染者が全国的に増えているような気がしている」と表明。「政府からの話もあるが、Go Toキャンペーンが始まり、東京にくる方、出る方が増えてきたことが(感染者数の拡大に)影響ないという話ではない。やはり人の移動がどんどん活発になったことが影響している」と述べ、「ここで一度中断するという決断をして頂けないかと考えている」と訴えた。また全面的な中止が無理というのであれば、感染者の多い北海道や東京を対象から除外するほか、マイクロツーリズムの考え方を見直して、近場だけにするという方法もあると提案。もし新幹線や飛行機で移動するのであれば、旅行会社の旅行パッケージにPCR検査、抗原検査を組み入れるというのも一考ではないかと強調した。

◎年末年始の飲食機会 「呑みに行くなら10日は空けて」を提案

さらに、これから年末年始に向けて飲食の機会が増えることにも警戒感を表明した。尾﨑会長は、「菅首相がおっしゃるような静かな会食はちょっと無理だと思う。それから尾身分科会長のいう飲食時のマスクの使い方も、最初の10分は守れるが、やはりお酒が入るとこれは難しいだろう」との見解を示した。その上で、尾﨑会長は持論である「呑みに行くなら10日は空けて」を提案。「これでも月に3回は外に呑みに行ける」と述べ、「我々も月に3回は外で飲んで、あとは家呑みをするという生活を12月、1月はやりましょう」と呼びかけた。



プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー