【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

シミック・イニジオ 次期社長執行役員に武田浩徳常務執行役員が昇格 医薬品卸のMSからCSOトップに

公開日時 2024/05/31 04:50
シミック・イニジオは5月30日、次期社長執行役員に武田浩徳常務執行役員CSOカンパニー長兼人財本部長を充てるトップ人事を発表した。武田氏は医薬品卸のMS出身。その後、医療機器メーカーを経て2000年にコントラクトMRとなり、2012年に同社に入社した。シミックではマネジメントポジションを歴任し、CSO事業の成長を長年牽引してきた。就任は7月1日付を予定する。現社長執行役員の木﨑弘氏は退任し、今後は新設したアドバイザーとして事業運営をサポートする。

◎Ashfield社(現Inizio Engage)との提携業務に注力 就労環境改善や人材開発で成果も

武田氏の社長執行役員就任は5月15日の取締役会で決議されたもの。同社において武田氏は、2012年にスタートした Ashfield社(現Inizio Engage)との提携業務において、協業プロジェクトのオペレーション責任者として組織を統括。2014年10月の合弁会社設立に貢献した。2017年のCSO事業部門長就任以降は、様々な環境変化がある中で事業の拡大を推進し、シミック・イニジオの事業と組織双方の拡大に貢献。人財本部長を兼務した2019年からは、就労環境の改善や人財開発などを通じて、サービス品質の向上に取り組むなど数々の功績をあげている。

なお、武田氏は、社長執行役員就任後もCSOカンパニー長兼人財本部長も兼務する。

◎武田氏 顧客の課題解決に貢献 CSO人財がパフォーマンスを発揮できる環境整備に取り組む

社長執行役員への就任が決まった武田氏は、「製薬業界を取り巻く環境の大きな変化の中で CSOに対する期待は高度化しており、これに応えることは私自身が長い間目指してきた“真のパートナー”としての CSOの実現につながると確信している」と強調。「人財ソリューションを筆頭とする従来のサービスの品質向上と同時に新たな事業開発を積極的に推進し、多様なプロフェッショナル人財による多様なサービスを通じ、顧客の課題解決に貢献するとともに、CSO人財がそのパフォーマンスを発揮できる環境整備に取り組んでまいりたい」とコメントした。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー